Connan Mockasin が父親の Ade と一緒に作り上げたアルバム『It's Just Wind』をリリース!

2021.07.02

Connan Mockasin

稀代のカルト・アイコン Connan Mockasin (コンナン・モカシン) が父親の Ade Mockasin と一緒に作り上げたアルバム『It’s Just Wind』を 7/14 リリース!先行シングル「The Wolf」の試聴が開始。アルバムは、Ade Mockasin の72歳の誕生日7月14日にデジタルリリースされる。このアルバムは、アデが死にかけた経験から生まれたもので、コンナンは父親とのアルバムを「優先的に作らなければ、一生後悔することになる」と言われた。このアルバムは、テキサス州マーファで開催された Mexican Summer の2018年 Marfa Myths フェスティバルで制作されたもので、ジョン・キャロル・カービー、マシュー・エックルズ、ニコラス・ハーサント、ローリー・マッカーシー(別名:インフィニット・ビサス)が参加しています。

数年前、ある透視能力者が Connan Mockasin に重大なメッセージを伝えた。彼の父親が関わるプロジェクトがまだ始まっていないことを示唆し、偶然出会った女性が彼にこう言った。

コンナンと彼の父アデは、いつも一緒にアルバムを作ろうと冗談を言っていたが、この超感覚的な知覚が、『It’s Just Wind』(その名前はアデの父が「彼が風を吹かせて周りを騒がせるたびに」使っていた口癖)を現実の世界に呼び寄せたのである。アデ自身もつい最近、突然の心停止で40分間倒れた後、昏睡状態に陥り、現実の世界を不安定に行き来していた。「プラスチックのバケツにチケットが2枚入っていても、くじには当たらないんだ」と彼は考えています。

未来を見通す目で箱にマッチを当てたコンナンは、テキサス州マーファで毎年開催される Mexican Summer のフェスティバル “Marfa Myths (マーファ・ミューズ)” のアーティスト・レジデンシーの次の機会に、40年以上にわたってアデをかき回してきたアルバムを制作することを提案した。生涯にわたって音楽に興味を持ち続け、1960年代から70年代にかけてさまざまなバンドで演奏し、レコーディング・セッションを行い、自分のバンド The Autumn Stone でアルバムを作ったこともあったが、それは破損したマスターテープの形でしか残っていない。

レーベルと医師の承認を得て、アデは砂漠行きの飛行機でニュージーランドを出発したが、その際に持っていたのが子供の学校で使う曲のアイデア集だった(「アメリカ人に歌詞を書いていることがわからないように、表に『POETRY』と書いておいたんだ」)。アデのメモを除けば、アルバムの形はまだ決まっていなかった。旅に疲れ、初日のマルガリータに膝まで浸かり、寝ようとしたとき、コンナンと彼のバンドは自然に楽器を持ち出して、翌日からのレコーディングのために用意したスタジオで一緒に演奏し始めた。

アデは自分の本の歌詞を試してみたり、たまたま間違えたり、わざと間違えたりしながら、コンナンたちの即興的なアレンジに合わせて、カットしたり、くっつけたり、アドリブを入れたりして、次に何が出てくるのかよくわからない状態になっていた。翌朝、8トラックカセットに録音したものを聴き返してみると、どうやらアルバムの大部分をテープに録音したことが分かった。「このレコーディングは、本当に偶然の産物だった。今まで携わった中で最も自然なレコーディングだった」とコンナンは振り返る。

今まで関わった中で最も自然なレコーディングだった。そこには素晴らしい魔法があった。」アデも同じ意見を持っていた。

ある時、私は少し感情的になりました。音楽が私の頭の上で鳴り響いていたからです。エンジニアと向き合って立っていたのですが、片側にはキーボードのジョン・キャロル・カービー、反対側にはコナン(ギター、ナンバー2ボーカル)、ドラマーのマシュー・エックルズ、ベーシストのニコラス・ハーサント、そしてナンバー2ギタリストのローリー・マッカーシー(Infinite Bisous)がソファに座っていて、完全に包み込まれていました。音が轟いてきて、それにやられてしまったんです。

マーファの現場で、さらに数日間のミキシングと調整を経て、『It’s Just Wind』は完成しました。それは、10曲からなる独立した音楽であると同時に、自動的に書かれた夢の論理に基づいて動作する、1つの連続した音楽でもありました。この曲は、「The Wolf」という大きな悪い物語から始まります。3匹の豚のような小僧と、家賃を要求するルピナスの大家が登場するおなじみの物語を、ドラムマシンのビートに乗せて、ひねくれた、水タバコとパンパイプを使った口語で再現しています。

時には山の頂上に立ち込める霧のようなインストゥルメンタル(「Edge of Darkness」)、時にはテープが薄くなったようなスムーズでさわやかな、そしてほんの少し揺れるインストゥルメンタル(「It’s Just Wind」)、そして時には68秒のマスターストロークであるスクェルキーなウィアード・ファンク(「What It Are」)の間には、コンナンのつぶれたボーカルの断片(「Tight Waxing」)が挟まれています。また、リズム&ブルースの要素を取り入れた、一見ありふれたものへの観察(「Thirty-two leaf / sixty-four pages / seven millimeter ruled」とアデが歌う「Stuck」は、彼のノートの中ではなく、その物質的な現実から引き出された歌詞である)。

ジャム、ディストーション、そして軽妙なシュールレアリズムの騒動の下には、静かに瞑想するような物語の糸があります。「Te Awanga」は、はるか昔に金属製の船で行われた、遠い国から遠い国への6週間の旅を物語っています。「Marfa」では、9時から5時までの仕事の必然性を嘆き、「Round Peg in a Square Hole」では、周囲に溶け込めないことによる静かなメランコリアを考えています。「イギリスのロンドンで生まれて、幼い頃にニュージーランドに来た男の話が中心です。

『It’s Just Wind』の筋書きがアデ自身の周りでゆるやかに曲がりながら、冗談と本気の境界線、フィクションと実生活の境界線が曖昧になっていく。実際、表紙の絵は、コンナンがアデの家の屋根の上に他のアートワークと一緒に置いてあった、かつての上司の絵だが、これもアデの過去から抜き出したものだ。ボウイの『Blackstar』やキャッシュの『American IV』のような、ほろ苦い自己反省の雰囲気が漂い、老人が少し離れたところから自分の人生を風景のように眺めているようだ。最後の曲「Clifton」では、ウイスキーを片手に、ポーチから人生と土地の両方を見渡しているアデ。彼はすべてを笑い飛ばしています。72歳の誕生日にリリースされるデビューアルバムから少し離れた場所で、彼はそのことについても笑っている。「3年間、毎日聴いてきましたが、いまだに理解できません。

一生をかけて作られたものであると同時に、まったくの即興で作られたものであり、すべてを意味すると同時に何も意味しない。それは結局のところ、ただの風 (『It’s Just Wind』) なのです。

text by Diva Harris 2021年6月

関連記事
イベント情報
  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演