OPN と ROSALÍA がコラボした新曲「NOTHING’S SPECIAL」をリリース!

音楽シーンで異彩を放つ二つの才能 ONEOHTRIX POINT NEVER と、ラテンポップのシンガー ROSALÍA がコラボレート!新曲「NOTHING’S SPECIAL」をリリース。2018年末、ラテンポップのシンガー ROSALÍA が投稿した ONEOHTRIX POINT NEVER とのスタジオ写真は、FADER や Rolling Stone などの海外メディアが取り上げるなど話題となり、音楽シーンで異彩を放つ二つの才能のコラボレーションに注目が集まった。その後、2人のアーティストは、様々なプロジェクトで注目を集め、さらに大きな存在へとそれぞれ成長してきた。 2021年だけを見ても、OPNはザ・ウィークエンドと頻繁にコラボレーションを行っており、大きな話題を集めたスーパーボウルのハーフタイムショーでは音楽監督を務め、先週開催されたブリット・アワードでも共演。

現在次回作のレコーディング・セッション中というロザリアは、今年、すでに2つのコラボレーション・シングルをリリースしている。ビリー・アイリッシュとの「Lo Vas A Olvidar」は世界的に称賛され、プエルトリコのバッド・バニーとの「La Noche de Anoche」は、リリース日にスペイン語の楽曲としては史上最多の再生数を記録し、ビルボードの「ラテン・エアプレイ」チャートで1位を獲得、米人気音楽番組「Saturday Night Live」でもパフォーマンスを披露した。ますます異彩を放つ二つの才能がコラボレートした新曲「Nothing’s Special」が本日新たに公開された。本楽曲は、高い評価を集めたOPNの最新作『Magic Oneohtrix Point Never』の本編ラストに収録されたものに、ROSALÍA がヴォーカルを提供し、OPNによって新たにアレンジを加えた曲となっている。