Mndsgn、人生を共有することへの感謝を表現した新作『Rare Pleasure』を 6/4 リリース!

Mndsgn

Photo by Shane Sakanoi

サンディエゴで生まれLAを拠点に活動するプロデューサー Mndsgn がニューアルバム『Rare Pleasure』を Stones Throw から 6/4 リリース!ニューシングル「Slowdance」のミュージックビデオを公開しました。Ringgo Ancheta こと Mndsgn は、本作『Rare Pleasure』を形成することになる夢や曲のスケッチを2018年に構築し始めました。このアルバムでは、R&B、サウンドトラックミュージック、サイケデリア、ジャズなど、Mndsgn が長年にわたってインスピレーションを受けてきた音楽を、豊かで広がりのあるサウンドにまとめています。

彼のビジョンを実現するために、Mndsgn はミュージシャンたちを集めました。Kiefer Shackelford (ピアノ)、Swarvy (ギター、ベース)、Will Logan (ドラム)、Carlos Niño (パーカッション)、Fousheé、Devin Morrison、Anna Wise (ボーカル)、Miguel Atwood Ferguson (ストリングス)など、同世代のミュージシャンを集めました。全員のパートを重ねるのに、わずか1週間しかかかりませんでした。「このプロセスはごく自然で、ある瞬間の幻想性を捉えるという私のアプローチと一致していました。

Ringgo は、『Rare Pleasure』のコンセプトを、人生を共有することへの感謝、内省、そして喜びに満ちたカタルシスの贈り物と表現しています。このアルバムには、サウンドトラック音楽にインスパイアされた『Rare Pleasure』のテーマが貫かれています。その反復と変化は、「人生で経験する繰り返しのモチーフに呼応するものであり、時には、同じ教訓が異なる形で再訪されることもある」のです。

Ringgo の人生における経験が、彼の歌詞に影響を与えています。「Hope You’re Doin’ Better」は、愛する人の精神疾患との闘いを処理する中で書かれました。「お互いのコミュニケーションは途絶えてしまったが、遠くから愛するという概念を真に理解する機会となった」と述べています。「Medium Rare」と「Colours of the Sunset」は、自己愛と内省というシンプルな行為を通して超越することを求めています。「Abundance」は「気づいていてもいなくても、常に手に入る内なる豊かさ」について、「Slowdance」は新しい人間関係の中で成長していく無防備さに捧げられています。

『Rare Pleasure』のメッセージは特に今の時代に合っていると感じますが、それは Mndsgn の人生を通しての指針となっています。

私たちは、一度しかないこの人間の人生を生きている存在であり、すべての瞬間に魔法のような無常さ、希少性が吹き込まれています。 – Mndsgn

tracklist:
1.Rare Pleasure I
2.Truth Interlude
3.3Hands / Divine Hand I
4.Hope You’re Doin’ Better
5.Rare Pleasure II
6.Slowdance
7.Abundance
8.Masque
9.Rare Pleasure III
10.Medium Rare
11.Rare Pleasure IV
12.Colours Of The Sunset
13.Divine Hand II
14.Slowdance