NYのミステリアスなインディーポップ・アーティスト Blood Cultures、ニューアルバム『LUNO』を 5/28 リリース!

米ニュージャージーを拠点に活動するミステリアスなローファイ・シンセポップ・アーティスト Blood Cultures (ブラッド・カルチャーズ) がニューアルバム『LUNO』を 5/28 リリース!ニューシングル「When the Night Calls…」のミュージックビデオを公開。月のサイクルの神話と、変化と再生の象徴としての月を参照した名前を持つ『LUNO』は、Blood Cultures のこれまでの作品の中で最も個人的な作品であり、暗闇の内面的な探求と自己受容によってもたらされる成長を中心としています。8枚のシングルというプロジェクトのトラック数でさえ、この神話を参照しています。各曲は混沌の中の元型的な旅のステップに関連しており、それぞれが異なる月の位相を例示しています。

収録曲「Set it on Fire」

収録曲「Beneath the Moon & Me」

ニヒリズムと、情報の時代における無知の選択を批判的に描いています。人は往々にして自分の力を忘れたり、無視することを選んだりしますが、変化は、自分自身と周囲の世界に対する責任を受け入れることによってのみ可能です。新プロジェクト『LUNO』のメインテーマは、死と復活による変化です。灰から何が生まれるかを見るためには、時には物事を燃やさなければなりません – Blood Cultures

tracklist:
1.Keeps Bringing Me Back
2.Deep Sea Diver
3.Set it on Fire
4.Graveyard Vibes
5.Andromeda
6.When the Night Calls…
7.Cabin Fever Freestyle
8.Beneath the Moon & Me