Weyes Blood、ニューアルバム『And In The Darkness, Hearts Aglow』を 11/18 リリース!

Photo by Neil Krug

カリフォルニアのシンガーソングライター Weyes Blood、通算5枚目のニューアルバム『And In The Darkness, Hearts Aglow』を Sub Pop から 11/18 リリース!先行シングル「It’s Not Just Me, It’s Everybody」のミュージックビデオを公開。技術的なアジテーション。ナルシシズムの疲労。銀河のような孤独。これらは、Weyes Blood (aka Natalie Mering) が夜も眠れない新しい規範であり、彼女の最新作『And in the Darkness, Hearts Aglow』の中核をなすテーマです。

先行シングル「It’s Not Just Me, It’s Everybody」のMVを公開!

収録曲「Grapevine」のMV公開!

天体の影響を受けたこのフォークアルバムは、高い評価を得た『Titanic Rising』に続く作品です。(Pitchfork、NPR、The Guardian が2019年のベストのひとつと賞賛した)『Titanic Rising』が来るべき運命の観察であったのに対し、『And In The Darkness, Hearts Aglow』はその渦中にいることについて、つまりアルゴリズムとイデオロギーのカオスから私たちを解放するための脱出ハッチの探索をテーマにしている。

私たちは完全に機能的なクソ番組の中にいる。私の心は、割れたグロー・スティックであり、切実さの爆発で私の胸を照らしている。

そして、その闇の中で、『Hearts Aglow』は、周りの社会のほころびにもかかわらず、すべての存在の相互接続性を歌った、切なく愛嬌のある「It’s Not Just Me, It’s Everybody」で幕を開けます。

これらの曲を書いている間、私は多くの質問を投げかけていました。この曲を書いている間、私は多くの疑問を抱いていたのです。私たちの文化は、ますます人に頼らなくなっている。何かが狂っている、その感覚は個人によって異なるが、普遍的なものだ。

他の曲も同様である。子守唄のような「Grapevine」は、人と人とのつながりの断絶を描いている。異世界の悲歌「God Turn Me into a Flower」は、私たちの傲慢さを寓意的に表現しています。また「The Worst Is Done」は不吉な警告であり、ポップで爽やかなメロディーにのせて歌われています。

カオスは自然だ。しかし、ネゲントロピー、つまり物事が秩序に帰結する傾向も同じです。これらの曲はマニフェストや解決策ではないかもしれないけれど、現代の幻滅の意味に光を当ててくれているのは確かよ。