UK注目のバンド The Lounge Society、デビューEP『Silk For the Starving』をリリース!

KEXP at Home に出演したライブ映像が公開!

2021.08.03

UKヘブデンブリッジ出身のインディーロック・バンド The Lounge Society (ザ・ラウンジ・ソサエティー)、デビューEP『Silk For the Starving』を Speedy Wunderground から 6/18 リリース!先行シングル「Cain’s Heresy」のミュージックビデオを公開。2020年に発表したシングル「Generation Game」では、急速に分断されていく社会の中でパワフルな物語を紡いでいるアーティストであることを示しました。”アメリカは何をするのか?” という歌詞で、彼らはアメリカの不安を痛烈に予言した。フォローアップシングルの「Burn The Heather」では、文化戦争や階級間格差の影響を皮肉ったパンク・ファンクへと左に曲がった。

新曲「Cain’s Heresy」では、軽快なリズム・セクションの推進力で揺れ、怒りと侮蔑に満ち、同時に怠慢な政治的階級(「4人の魂の死は、彼らにとっては歯を蹴られるほどのものではない / The death of four souls is less than a kick in the teeth, for them」)、誤報の脅威(「画面上の毒々しい理想は、画面外では悪質な考え方を生む / Poisonous ideals on the screen breed a vicious way of thinking, off the screen」)、セレブ文化の有害なフォロー・ザ・リーダーの行進(「彼らは名声への奉仕者だ / They’re Servants to fame」)に怒りをぶつけています。EPのタイトルである『Silk For The Starving』は、それ自体が日常的に持たざる者のニーズを無視している社会への探究心を示している

『Silk For The Starving – The Remixes』をリリース!

EP『』に先駆けて、Speedy Wunderground の Savage Gary (Dan Carey)、マンチェスターの人気ポストパンク・バンド A Certain Ratio、ウェストヨークシャーのインディーロックバンド The Orielles が参加したリミックスEP『Silk For The Starving – The Remixes』をサプライズでリリース。Dan Carey は自信が参加したリミックスについて以下のようにコメントしている。

昔のレゲエやダブのレコードを彷彿とさせるように、スピーディー・シングルの7インチでは、両面ともそれほど長くない曲であれば、B面にダブ・バージョンを入れるのがいつもの習慣だった。レコーディングが終わるとすぐに、バンドは私にリクエストしてきました……私は何かアップビートなものにしたいと思っていましたし、リミックスしながら彼らがそれを聞いたときの顔を思い浮かべていました 最終的には、彼らに送ってみたところ、彼らは大喜びしてくれました。やったぜ!

『Silk For the Starving』ストリーミング