UK注目のバンド The Lounge Society、デビューEP『Silk For the Starving』を 6/18 リリース!

UKヘブデンブリッジ出身のインディーロック・バンド The Lounge Society (ザ・ラウンジ・ソサエティー)、デビューEP『Silk For the Starving』を Speedy Wunderground から 6/18 リリース!先行シングル「Cain’s Heresy」のミュージックビデオを公開。2020年に発表したシングル「Generation Game」では、急速に分断されていく社会の中でパワフルな物語を紡いでいるアーティストであることを示しました。”アメリカは何をするのか?” という歌詞で、彼らはアメリカの不安を痛烈に予言した。フォローアップシングルの「Burn The Heather」では、文化戦争や階級間格差の影響を皮肉ったパンク・ファンクへと左に曲がった。

新曲「Cain’s Heresy」では、軽快なリズム・セクションの推進力で揺れ、怒りと侮蔑に満ち、同時に怠慢な政治的階級(「4人の魂の死は、彼らにとっては歯を蹴られるほどのものではない / The death of four souls is less than a kick in the teeth, for them」)、誤報の脅威(「画面上の毒々しい理想は、画面外では悪質な考え方を生む / Poisonous ideals on the screen breed a vicious way of thinking, off the screen」)、セレブ文化の有害なフォロー・ザ・リーダーの行進(「彼らは名声への奉仕者だ / They’re Servants to fame」)に怒りをぶつけています。EPのタイトルである『Silk For The Starving』は、それ自体が日常的に持たざる者のニーズを無視している社会への探究心を示している