ロンドンのポップシンガー Sody、新人登竜門 Vevo DSCVR に出演したパフォーマンス映像が公開!

西ロンドン出身19歳のシンガーソングライター Sody (ソディ)、新人登竜門の Vevo DSCVR に出演した「butterfly」、「hold it all together」のパフォーマンス映像が公開!私たちが初めて Sody に出会ったのは昨年の夏、ロックダウンの真っ只中でした。キーボードとマイク、そして彼女の素晴らしい歌声だけを武器に(カメラをどこに置くかについては制作チームに電話で助けてもらいました)、ロンドン生まれのシンガーソングライターの Sody は、ほんの一瞬ですが、外の世界の狂気から逃れようとしていました。

彼女のポップへの愛は、このジャンルの中で共感とリアルさの代弁者になることを促しています。最近では「What We Had」が Spotify で8桁のストリーミングを突破し、彼女の公式ビデオ「Bedroom Ceiling」も100万回再生を突破しました。『real growth takes time』は Sody の最新EPのタイトルであり、プロジェクトのオープニングトラック「butterfly」のリリックにもなっています。

2020年にリリースされた「I’m Sorry, I’m Not Sorry」よりもインストゥルメンタルが疎かになっているが、「real growth」は制作面でも比較的繊細な作品に仕上がっている。カメラを操る Sody の「butterfly」と「hold it all together」のパフォーマンスは、彼女の再来の決意を感じさせてくれました。