ロンドン灼熱のネオ・サイケロック・バンド Roscoe Roscoe、デビューシングル「Brain Retrieve」をリリース!

Roscoe Roscoe

Photo by Solar Klinghofer

イースト・ロンドンの5人組、灼熱のネオ・サイケロック・バンド (ロスコ・ロスコ) がデビューシングル「Brain Retrieve」をロンドンの名門 Slow Dance Recordings からリリース!バンドは同世代の Black Midi と同様に、ブリット・スクールで結成され、あらゆる個性や文化の中で音楽と芸術の影響を育む環境の中で活動してきました。Pitchfork では「未来的なプログレ・ロッカー」、The Quietus では「ロンドンのDIY音楽界のクリエイティブなパワーハウス」、Dazed では「ロンドンのライブ・ミュージック・シーンの最先端」と評されています。

彼らは60年代のカウンターカルチャーへの愛を共有していることは明らかだが、単なるリバイバル主義者ではなくカメレオン的なジャンルの血脈に新鮮な血を循環させている。Stereolab や Broadcast などのアヴァンポップバンドや、Wand や Tame Impala などのサイケデリックバンドを含むより古く、より最近の音の影響を受けた多くのバンドを参照しています。彼らの音楽制作へのアプローチがインターネット上の無限のソースを介して、非特異的で広く描かれた世代のものであることを示している。

同世代のマーキュリー賞にノミネートされた Black Midi と同様に、彼らはブリットスクールで音楽パフォーマンスとテクノロジーを学んでいた時に出会いました。彼らのバンド名は、ランダムなオンライン・ジェネレーターから出てきたもので、彼らの学歴と才能が示唆していると思われるような気取りのなさを物語っている。

フロントマンの Charlie Read Clarke、ギタリストの Jacob Muna、シンセサイザーの Milanka Caballero、ベーシストの Charlie Brown、ドラマーの Ben Limmer で構成されたこのグループは、信じられないほど新鮮なエネルギーと、彼らの音楽にこぼれるゆったりとした態度を同時に持っています。彼らのユニークなサウンドは、光り輝くギターの音色とメロディックで煌めくシンセで溢れており、彼らのサウンドは時にヘヴィなものへと変化していきます。ファーストシングル「Brain Retrieve」では、オープニングのギターリフから、彼らのサウンドが重厚なものになっています。