Arcade Fire の Will Butler、ソロ・セカンドアルバム『Generations』を 9/25 リリース!

Arcade Fire のメンバーとしても活躍するマルチインストゥルメンタリスト/コンポーザー (ウィル・バトラー) がソロ・セカンドアルバム『Generations』を 9/25 リリース!ニューシングル「Surrender」のミュージックビデオを公開しました。デビューアルバム『Policy』をリリースしてから5年、その間、ソロや Arcade Fire のメンバーとして世界中をツアー。自身のライヴ・アルバム『Friday Night』リリースし、米/英他、各国でチャートの1位を獲得した Arcade Fire のアルバム『Everything Now』のレコ―ディングとリリースも行った。

また、ハーバード大学で公共政策の学位を取得。地域の問題(警察の契約、刑務所改革、地方自治体の有給休暇、投票権)に関する一連のタウン・ミーティングをおこない、三人の子供を育てるのに時間を使用。そして、Merge Records よりリリースされるニューアルバム『Generations』の為の時間とインスピレーションも獲得した。『Generations』はブルックリンにある自宅の地下で Butler 自身によりレコーディング/プロデュースされた。その後、ニューヨークがパンデミックによりクローズされた為、2020年の3月にはレコーディングを終了。アルバムのミックスの半分はモントリオールで Arcade Fire の長年のエンジニアである Mark Lawson がおこない、残りの半分はブルックリンをベースに活動するプロデューサー Shiftee が手掛けた。