オーストラリアのジャズ・ファンク・バンド Mildlife、2ndアルバム『Automatic』をリリース!

表題曲「Automatic」のMVを公開!

2020.11.17

オーストラリアはメルボルンの4人組ジャズ・ファンク・バンド、 (マイルドライフ) がセカンド・アルバム『Automatic』を Heavenly Recordings から 9/18 リリース!先行シングル「Rare Air」のミュージックビデオを公開しました。2018年に地元の Research Records よりデビュー・アルバム『Phase』をリリース。これが大きな評価を獲得し、2018年の Worldwide FM Awards でベスト・アルバム、2019年の AIR Awards でベスト・インディペンデント・ジャズ・アルバムにノミネート。The Age Music Victoria Awards ではベスト・エレクトロニック・アクトを獲得した。2020年9月、バンドはロンドンの名門 Heavenly Recordings よりセカンド・アルバム『Automatic』をリリースする。

収録曲「Vapour」の試聴が開始!

Mildlife のデビューアルバム『Phase』が2018年にリリースされたとき、それはシーンに爆発的に浸透したというよりも、にじみ出てきたというべきものだった。ジャズ、クラウトロック、そしておそらくより正確には悪魔のようなグルーヴを織り交ぜた彼らのメロウなミックスは、完璧なビートを求めるオープンマインドのDJやディガーたちの間で、その年の口コミでセンセーションを巻き起こした。

アルバム『Automatic』ストリーミング

『Automatic』では、デビュー作から一歩前進し、より規律があり、方向性があり、間違いなくよりダンサブルになっている。『Phase』と同様に、彼らは決して自己満足に陥ることなく、トラックの長さを贅沢にさせることを恐れていない。Tom Shanahan (ベース) と Jim Rindfleish のファットバック・ドラミングのおかげでタイトに構成されたアレンジは、他のメンバーがシチューにスパイスを加えることを可能にし、Kevin McDowell のエーテルのようなヴォーカルで締めくくり、Mildlife はライブ・パフォーマンスとスタジオ・ソングライティングの間を楽々と行き来している。

レコーディングされた曲は、ライブで演奏するための新しい基準点になっているんだ。」と Kevin は言う。「両方とも異なる結果になるので、それに基づいてそれぞれの決定をしているんだけど、共生関係にあり、お互いに影響し合っているんだ。通常、ライブからレコーディング、そしてライブに戻るというのはかなり自然な流れなんだ」と Kevin は続ける。『Automatic』の中心となるのはタイトル曲で、ボブ・ムーグのトラマンズバーグの工房で隔離監禁されていたクラフトワークとハービー・ハンコックのようなサウンドだ。それは出発であり、Mildlife の真髄でもある。これは “ダンス・ミュージック” というよりも “踊れる音楽” であり、それが全ての良さなのだ。