ポートランドのエレクトロポップ・バンド STRFKR、アルバム『Future Past Life』をサプライズ・リリース!

ポートランドのエレクトロポップ・バンド がニューアルバム『Future Past Life』を Polyvinyl Records から 4/10 にサプライズ・リリース!限定盤カラーのクリアー/オレンジスモーク・ヴァイナルは 7/24 に発売され現在プレオーダー中です。STRFKR は常に進化を続けており、2016年の前作『Being No One, Going Nowhere』で見せたような完璧なエレクトロポップへと成長してきました。新境地を開拓し、彼らがよく知られている光沢のあるプロダクションのいくつかを戻した『Future Past Life』では、楽曲がストリップダウンされ、間隔を空けられ、ドリーミーに、どこか内在感のあるものになっている。

STRFKR のアルバムでは初めてとなる全曲アコースティック・ギターを使用し、シンセのメロディがよりサポート的な役割を果たしています。荒削りなミックスで、クリーンなプロダクションで雰囲気のあるローファイなアプローチをしています。のリードシングル「Never The Same」は、温かくてダイレクトな曲で、バンドの歌詞がいかに脆弱であるかをストレートに表現している。リバーブでコーティングされたパーカッションと遠く離れたアンビエントなテクスチャーが異世界的な雰囲気を醸し出しています。

「Budapest」では、レーベルメイトの Shy Boys の天使のようなヴォーカル・ハーモニーの波に乗って、空気のようなグルーヴに包まれています。STRFKR のコールカードとなっている、完璧でありながらもダンサブルなポップは、『Future Past Life』では刺激的な新境地へと押し出されている。それは奇妙で美しいサウンドの環境であり、バンドが最初にこれらの曲を生み出したチャンスと自発性を受け入れることで成長していることが分かるものです。