Jordan Rakei、ラッパー/俳優としてエンタテ界のスターに君臨する Common を迎えた「Signs」を公開!

Jordan Rakei

ロンドンを拠点に活動するオーストラリア出身のマルチ・プレイヤー (ジョーダン・ラカイ)、ラッパー/俳優としてエンターテイメント界のスターに君臨する Common (コモン) と共演した「Signs (feat. Common)」を公開!最新アルバム『Origin (Deluxe Edition)』を3月13日にリリース決定!前作『Origin』(2019)は様々なメ ディアでアルバム・オブ・ザ・イヤーにランクインするなど躍進を遂げた彼が、アメリカのエンターテイメント界で4冠(アカデミー賞、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞)受賞経験のあるラッパー兼俳優のコモンと共演を果たし、新曲「Signs (feat. Common)」を公開した。

「Signs」は元々『Origin』に収録された楽曲であり、コモンはコラボレーションについて次のように語っている。「この楽曲を聞いたとき、インスパイアされたし、自分のクリエイティブを発揮できる曲だと思ったんだ。俺はジョーダンをアーティストとして評価しているし、コラボレーションはすごい興奮したよ。」また、ジョーダン・ラカイは「コモンとの曲をリリースできて光栄だ。常に自分の大好きなラッパーの一人であるコモンが自分の曲を気に入ってくれていて、しかもコラボレーションをすることを決めたと知ったときは本当に恐縮だった。アメリカツアーをした時に話をして、彼は曲を最初から理解していたよ。13歳の時に学校まで歩きながら『Be』 や『Electric Circus』を聴いていたのを思い出した。彼と音楽作品を共有しているだなんて、なんだかシュールな感じがするよ」と語った。

2曲の新曲「Borderline」と「Always Coming」、BBCで披露したライブのダニエル・シーザー「Best Part」のカバー、「Speak」のピアノライブセッション、フルバンドセットで録音された「You & Me」、そしてロンドンのThe Poolでレコーディングされた「Mind’s Eye」 、「Mad World」、「Mantra」、「Rolling into One」が収録された『Origin (Deluxe Edition)』は3月13日、デジタルリリース!