デビュー作が圧倒的評価を得たカナダ・トロントのポストパンク・バンド METZ、セカンドアルバム『ll』を 4/29 日本先行リリースが決定!

デビュー作が圧倒的評価を得たカナダ・トロント出身のポストパンク・バンド 、セカンドアルバム『ll』を 4/29 日本先行リリースが決定!2012年のデビューアルバムから約3年、その間自身のスタイルをひたすらピュアにつきつめて完成された作品。「我々を本能的に動かすものには忠実に、そしてその直接性を大切に」をモットーに、エッジはラフなままに、不快なトーンはそのままに、よりへヴィでダークなサウンドをめざして制作された。

レコーディングは2014年、地元カナダのトロントにある数か所のスタジオにて行われ、グラハム・ウォルシュ(ホーリー・ファック)は前作に引き続きエンジニアとして参加している。また先行公開された新曲「Acetate」のミュージックビデオは、ダイナソーJr.のアートワークでも有名なトラヴィス・ミラードがディレクターを務めたことで話題を集めている。バンドは今春よりライトニング・ボルト、バッド・ブリーディングなどと北米、ヨーロッパ・ツアーを実施する。

「PIL・ミーツ・フリクション、それをニルヴァーナの狂気なギターでとばした感じ」- 久保憲司

「ここ最近の10年間、インディーバンドは80年代後半から90年代前半では当然とされてきた音楽的攻撃性みたいなところから少々後退してきている。METZ、トロント出身のこのトリオは、完璧なまでにそれら(最近のバンドとは)とは対極で、スキルに富んだ、エネルギッシュなアプローチを再び取り戻している。」− The New Yorker

METZ [帯解説付・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (TRCP101)
METZ
TRAFFIC / SUB POP RECORDS (2012-10-10)
売り上げランキング: 75,414