カナダのガレージパンク・バンド METZ、ニューアルバム『Up On Gravity Hill』をリリース!

2024.02.14

カナダの爆裂ガレージパンク・バンド METZ、ニューアルバム『Up On Gravity Hill』を 4/12 リリース!

Photo by Vanessa Heins

カナダの爆裂ガレージパンク・バンド METZ、新たな旅を模索したニューアルバム『Up On Gravity Hill』を Sub Pop から 4/12 リリース!先行シングル「99」のミュージックビデオ、「Entwined (Street Light Buzz)」を公開しました。時が経つにつれて、私たちは、つながりの喜びが喪失の空虚さと鏡のように映し出されること、愛の不変性が人生の無常性とだけ一致すること、暗闇のリスクを冒さなければ光は生み出せないという単純な考えを理解するようになる。かつて歓喜に満ちた怒りの歌で鼓膜を吹き飛ばすことで知られたバンド、METZ が、過去数枚のレコードで、擦過感を雰囲気に変える方法を模索し始めたのは、彼らのサウンドの進化がバンド自身の成熟を反映したものであるだけでなく、理解し生き残るためにニュアンスと思いやりを求める世界の変化を反映したものでもある。

先行シングル「99」のMVを公開!

それは、2020年の『Atlas Vending』ですでに進行していた旅路だったが、『Up On Gravity Hill』で新たな高みに到達した。カナダのトリオは、エンジニアの Seth Manchester (Mdou Moctar、Lingua Ignota、Battles、The Body) の助けを借りて、ダークであると同時に優しい万華鏡のような音の世界を創り出した。深く、詳細で、そして揺るぎなく個人的なこのアルバムは、METZ にとってこれまでで最もパワフルなレコードであるだけでなく、最も美しいアルバムでもある。

「Entwined (Street Light Buzz)」を公開!

ギタリスト兼ヴォーカリストの Alex Edkins、ドラマーの Hayden Menzies、そしてベーシストの Chris Slorach は、オンタリオ出身の3人組のパンクスである。何層にも重なる不協和音が、星に届くようなきらめくノイズのエスカレートするクレッシェンドが特徴的な、落ち着きのない頭でっかちなアウトロへと溶けていく。彼の存在は、METZ がこれまで以上にシネマティックな思考をしていることを端的に示している。この変化は、映画やテレビのスコアラーとしてのエドキンスの仕事と、ポップ寄りのソロ・プロジェクト、Weird Nightmare から部分的にインスパイアされたものだ。

歌詞の内容は、これまで自分が許してきたことよりも、もっと心に響くものなんだ。このアルバムは大きな一歩だと感じている。

しかし、間違いはない『Up On Gravity Hill』は、10年以上一緒に演奏してきた3人のミュージシャンの作品であり、それに伴う信頼関係もある。

収録曲「Light Your Way Home」のMVを公開!

私たちは今、バンドとして、またミュージシャンとして本当に強いと感じられる地点にいる。他のミュージシャンと一緒に仕事をすることができるようになったのは、とても幸せなことだし、私たちが持っている音楽的な絆がとても希少で、本当に特別なものだということを思い出させてくれる。

とエドキンスは話す。ロック・バンドが人と人とのつながりの最高の共鳴を体現する力を信じている人たちにとって、『Up On Gravity Hill』には精神を高揚させるものがたくさんあり、繰り返し聴いてロックを解きほぐしたり、何度も没頭したりする価値のあるパズルがある。音楽が単一の平面に平坦化されるのではなく、バンドは次のことを探求している。

収録曲「Superior Mirage」のMV公開!

シンバルの上の空間

その結果、彼らのキャリアの中で最も広々とした、共感でき、親しみやすい、ポップと呼べる楽曲が生まれた。これが矛盾していると思われるかもしれないが、METZ は常に矛盾を抱えている。

メタルやハードコアの純粋主義者にとってはヘヴィネスが足りないが、インディ・ロックにとってはヘヴィすぎる。でも、インディ・ロックとしてはヘヴィすぎる。私たちは境界線の外に存在している。このアルバムはさらにそうだと思う。

『Up On Gravity Hill』ストリーミング

とエドキンスは言う。すべての芸術が究極的に死をテーマにしているように、このアルバムも死をテーマにしている。「Entwined」は、トリオが幼少期に愛した頭脳的な Dischord パンク・バンドへの回帰を感じさせる。唸るような「99」は、現代生活を象徴するノンストップの広告の猛攻撃に挑んでいる。「Superior Mirage」ではエドキンスが「私たちはみんなただの夢」と歌い、Menzies のチャージされたドラミングと明滅するハイハットは、この曲の幽霊のような無常のテーマとは対照的だ。このアルバムは、Black Mountain の Amber Webber がヴォーカルを務めたゴージャスなクローズ「Light Your Way Home」でピークを迎える。この曲でエドキンスは、愛する人たちから自分を遠ざける選択と向き合う。「見えていないものを見ることができれば/君のために道を開けるのに」と彼は歌う。このバンドは、ロックの生のパワーを最も繊細で複雑な結末へと導く新しい方法を発見した。

関連記事
イベント情報
  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • BABYMETAL 主催のフェス FOX FEST 2024 が2DAYS開催決定!

  • HAKEN (ヘイケン) 初来日公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • バックストリート・ボーイズのニック・カーター、13年振りのソロ来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」