• 9/16 (Mon)

    Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

    公演情報には広告を含む場合があります

    Yes (イエス) デビュー55周年記念公演「Yes The CLASSIC TALES OF YES Tour 2024」の開催が9月に決定!日本初披露曲を含む、バンドの壮大な歴史を紐解く “究極のセットリスト” が実現!


    9/16 (月・祝) 昭和女子大学人見記念講堂
    OPEN 16:00 / START 17:00


    9/18 (水) 昭和女子大学人見記念講堂
    OPEN 18:00 / START 19:00


    9/19 (木) 昭和女子大学人見記念講堂
    OPEN 18:00 / START 19:00


    9/21 (土) 仙台GIGS
    OPEN 16:00 / START 17:00


    9/23 (月・休) 岡谷鋼機名古屋公会堂(名古屋市公会堂)
    OPEN 16:00 / START 17:00


    9/25 (水) NHK大阪ホール
    OPEN 18:00 / START 19:00


    【料金】
    GOLD ¥25,000 (グッズ付き ※グッズは当日会場にてお渡しいたします)
    S席 ¥13,000
    A席 ¥12,000

    ※未就学児(6歳未満)入場不可。6歳以上はチケット必要
    ※仙台公演のみ別途1ドリンク代必要
    ※GOLDチケットのグッズは後日発表予定
    ※チケット申し込み前にサイト下段の注意事項を必ずお読みください

    チケット先行情報

    Live Nation Japan Premium Club会員 先行(東京・仙台・名古屋・大阪公演)
    5/10(金)正午12:00~5/12(日)23:59

    Live Nation Japan メルマガ会員 先行(東京・仙台・名古屋・大阪公演)
    5/13(月)正午12:00~5/15(水)23:59

    チケットぴあ 独占先行(東京・仙台・名古屋・大阪公演)
    初回:5/16(木)正午12:00〜5/21(火)23:59


    Yes (イエス) : 1968年、ロンドンでクリス・スクワイア (B)、ジョン・アンダーソン(Vo)を中心に結成されたプロレッシヴ・ロック・バンド。1970年代のプログレッシヴ・ロック・ブームを牽引、数々の名盤を生み出し、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、EL&P、ジェネシスと共に五大プログレ・バンドと呼ばれ、ロック史上に大きな影響を与えたバンドのひとつである。

    代表作はアルバム『こわれもの』(1971年)、『危機』(1972年)、『ロンリー・ハート』(1983年)など。1985年度グラミー賞初受賞。2017年にはロックの殿堂入りを果たしている。2015年6月27日に唯一のオリジナル・メンバーだったクリス・スクワイアが急性骨髄性白血病により急逝。離合集散を繰り返しながら、他の巨大バンドと比べてもほとんど活動休止期間を持たずに今も現役で活動を続けている。

    [イエスの近況]

    2014年に21作目のオリジナル・アルバム『ヘヴン&アース』をリリース。このアルバムはスティーヴ・ハウ(g)とクリス・スクワイア(b)を中心に、アラン・ホワイト(ds)、ジェフ・ダウンズ(kbd)、ジョン・デイヴィソン(vo)という布陣で録音。2010年代は毎年アルバム完全再現ツアーを企画し、ツアー三昧の日々を送っていたイエスだったが、2015年6月27日に唯一のオリジナル・メンバーだったクリス・スクワイアが急性骨髄性白血病により急逝する。

    その後かねてからサポート・メンバーとして帯同していたビリー・シャーウッド(b)があとを引き継いだ。同年ライヴ盤『“危機”&“こわれもの”完全再現ライヴ~ライヴ・イン・アリゾナ2014』をリリース。一連のアルバム再現ツアー(とライヴ盤)が高評価を得たこともあり、2016年に『海洋地形学の物語』や『ドラマ』の完全再現を含むツアーを各地で行っている。

    しかしこのツアーの直前にアラン・ホワイトが腰痛を訴え戦線離脱、椎間板ヘルニアの手術を受けることになったため、ツアーにはエイジアやサーカへの参加経験のあるジェイ・シェレン(ds)がサポートし見事大役を果たしている。そしてその音源を収録したライヴ盤『海洋地形学の物語/ドラマ ライヴ・アクロス・アメリカ』が2017年にリリースされた。2017年春には3度目のノミネートにしてようやく“ロックの殿堂”入りを果たし、セレモニーでは久しぶりに現イエス(スティーヴ・ハウ、アラン・ホワイト)とARW(ジョン・アンダーソン、リック・ウェイクマン、トレヴァー・ラビン)が合体してステージに立った(ゲスト・ベーシストはラッシュのゲディ・リー)。

    そして2018年にはバンド結成50周年を迎えたツアーを開始、新旧の代表曲を取り混ぜたセット・リストは大いに歓迎され、翌2019年2月には3年ぶりの来日公演も実現している。そのツアーから収録したライヴ盤『50周年記念ライヴ』が2019年夏にリリースされた。また秋にはイエスに一時期在籍していたオリヴァー・ウェイクマン(リック・ウェイクマンの息子)が中心となって2011年に制作されていたミニ・アルバム『From A Page』をリリース。

    2020年には前年のロイヤル・アフェア・ツアーを収録した『The Royal Affair Tour: Live from Las Vegas』をリリースしており、いよいよオリジナル新作の登場となった。


    チケットの購入
MORE EVENT
087月

Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

116月

VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

189月

Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

096月

藤井フミヤ「40th Anniversary FINAL in 日本武道館」公演

105月

Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!

105月

L'Rain (ロレイン) 初来日公演

046月

シカゴ生まれのシンガーソングライター Alexander 23、来日公演が6月に決定!

1110月

UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

046月

FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

145月

Niall Horan (ナイル・ホーラン) 来日公演

169月

Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

305月

The Snuts 来日公演

最新イベント