Omar Apollo、ニューアルバム『God Said No』を 6/28 リリース!

2024.06.07

Omar Apollo、ニューアルバム『God Said No』を 6/28 リリース!ワーナー・レコードから2枚目のスタジオ・アルバム『God Said No』は、Teo Halm がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、ミュージシャンの Mustafa と俳優の Pedro Pascal が参加している。アルバム・タイトルは、「lo que sera, sera」をオマーが解釈したもので、「whatever will be, will be」、あるいは 「it is what it is」と訳されている。

収録曲「Spite」

このフレーズは、人生や人間関係、恋人から投げかけられるどんなことでも、身を委ね、受け入れることから生じる苦しみに対する、オマールの毒舌でユーモラスな展望とともに、このアルバムを体現している。2023年のグラミー賞で最優秀新人賞にノミネートされ、大絶賛されたデビュー・アルバム『Ivory』のリリースから2年余りでリリースされた『God Said No』は、デビュー後の旋風と、SZA のSOSアリーナ・ツアー、Billie Eilish のラテン・アメリカン・スタジアム・ツアーをサポートするノンストップ・ツアーから生まれた。

収録曲「Dispose of Me」

アポロはその秋、ロンドンに3ヶ月間滞在し、雨に濡れた石畳の道を歩きながら反芻し、Mary Oliver、Victoria Chang、Ocean Vuong の詩からインスピレーションを得た。『ローリング・ストーン』誌5月号で音楽のインスピレーションについて語ったオマールは、Kate Bush、Labi Siffre、Giorgio Moroder、Beyoncé、Lana del Rey といったアーティストを、ロンドン滞在中のヘビーローテーションに挙げている。

米のTV番組 The Late Show に出演した「Dispose of Me」のパフォーマンス映像が公開!

ロンドンの伝説的なアビーロード・スタジオで、信頼できるコラボレーターであるプロデューサーの Halm、Carter Lang、Blake Slatkin とともに、アポロはメロドラマの骨組みを作り上げた。この14曲入りのアルバムは、苛烈な恋愛の終焉に伴う感情の残骸を調査したものだ。アポロは、その関係を処理しているときに友人が言った言葉からタイトルを拝借した。

関連記事
イベント情報
  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!