Walt Disco、ニューアルバム『The Warping』を 6/14 リリース!

2024.03.12

グラスゴーのグラムパンク・バンド Walt Disco、ニューアルバム『The Warping』を Lucky Number から 6/14 リリース!

グラスゴーのグラムパンク・バンド Walt Disco、ニューアルバム『The Warping』を Lucky Number から 6/14 リリース!先行シングル「You Make Me Feel So Dumb」のミュージックビデオを公開!Walt Disco が新たな姿を現した。リード・ヴォーカルでソングライターのジョセリン・シー、ドラマーで共同ソングライターのジャック・マーティン、シンセ奏者のフィンレイ・マッカーシー、ベース奏者のチャーリー・ロック、ギタリストのルイス・カーマイケルは、デビュー・アルバム『Unlearning』で、受け入れられている物語や制限的な規範を解体した。

先行シングル「You Make Me Feel So Dumb」のMV公開!

新しいアルバムでバンドは、移り変わる様々な表情を鏡のように映し出し、多幸感と不安感を併せ持つシアトリカルな世界へと再びリスナーを迎え入れる。『The Warping』は、時間と自己の障壁を浸透させ、記憶と未来を行き来し、若い頃の自分や想像上のアイデンティティーに呼びかける。私たちはもうカンザスにはいないのだ。ロサンゼルス、オースティン、グラスゴー、ロンドンと、大西洋の両岸で書かれた『The Warping』は、すでに大きな成功を収めているバンドにとって重要な一歩である。

2022年のリリース後、『Unlearning』はスコットランド・アルバム・オブ・ザ・イヤー(SAY)賞とAIMインディペンデント・アルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、SXSWでのライブ、ヨーロッパ各地のフェスティバル、Primal Scream や Duran Duran のサポート・ステージで、バンドは新たなファン層を獲得し、ジャンルの壁を越えた。

収録曲「Jocelyn」のMV公開!

デビュー作のシネマティックな魅力をさらに押し進め、バンドは古典的な訓練を受けたオーケストラ・ミュージシャンを起用した。サウンド的には、ホーン、木管楽器、膨らみのある弦楽器セクションが、Walt Disco のサウンドにまったく新しいレベルを与えている。Roxy Music の Phil Manzanera のスタジオで行われたアルバム前のレコーディング・セッションで基礎は築かれたが、曲そのものはほとんど共同作業で作られた。『Unlearning』のレコーディング・プロセスが、監禁中の必要性からデジタルの隔たりを越えて “フランケンシュタイン化” されたのに比べ、『The Warping』はバンドと Chris McCrory の共同プロデュースで、エンジニアリングはヴェイル・スタジオの Chris D’Adda が担当した。

巧みなリリシズムは、深く個人的な問題を取り込み、それを大きく書くことで、羨望、恐怖、喜び、希望といった感情を個々の経験から移し変えている。性同一性障害と羨望を過激なまでに正直に探求し、それらを同じ経験の中でもつれた2本の糸として受け入れている。世界は現在、敵対的な環境のように感じられるとバンドは指摘する。しかし、彼らはそれを止めるつもりはない。ジョセリンも同意する。それに打ちのめされていたら、それを前向きに受け止めて行動することはできないわ」と彼らは言う。The Warping』では、一瞬一瞬が光のいたずらで変わる。

関連記事
イベント情報
  • GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

  • 万能青年旅店 (Omnipotent Youth Society) 来日公演

  • Miles Kane (マイルズ・ケイン) 来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • 藤井フミヤ「40th Anniversary FINAL in 日本武道館」公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演