豪のサイケデリック・バンド ORB、ニューアルバム『Tailem Bend』を 7/12 リリース!

2024.05.15

オーストラリアの奇妙なサイケデリック・バンド ORB、ニューアルバム『Tailem Bend』を Fuzz Club から 7/12 リリース!ニューシングル「Can’t Do That」のビジュアライザーを公開。ORB にとって、6年間もアルバムとアルバムの間を空けるつもりはなかった。ジーロングで結成されたこのトリオが最後にスタジオ・アルバムを発表したのは2018年の『The Space Between』であり、2019年には King Gizzard and The Lizard Wizard のサポートでヨーロッパとアメリカを連続ツアーした。

しかし、パンデミックや副業、その他の日常生活の気まぐれに振り回されようとも、時間が思い通りに過ぎることはめったにない。重要なのは、4枚目のアルバムがついに登場したことであり、私たちを退屈させない十分な脇道と落とし穴が用意されていることだ。待望のタイレム・ブレンドLPは、ヨーロッパと北米の Fuzz Club からリリースされる。

ヴィンテージの暖かさと深みに彩られた『Tailem Bend』は、じめじめとした空間の中で曲の催眠を実現する ORB のコツを示している。太陽に照らされたようなサイケ・ポップと同じように、このアルバムもまた、印象的なリズムとファンキーなワウ・リリックを伴いながら、大胆でビッグなリフを蛇行させる。Parsnip の Paris Richens が手掛けたジャケット・アートワーク (見方によって白鳥にも魚にも見える) が示すように、ORB は多角的な見方ができるアルバムを携えて戻ってきた。ORB には、私たちが知っていて大好きなバンドの面影がたくさんあるが、二度聴きしてしまうほど新しい要素もある。

ファズの雪崩はまだ避けられないが、よりまろやかなパッセージや、リズムと空間への新たなフォーカスもある。全面的な出発ではないが、アルバム・タイトルそのものに反映されるほど特徴的だ。『Tailem Bend』は、南オーストラリア州にある静かな町で、その名前はツアー中にバンドの目に留まるほど刺激的だった。彼らにとって失われたプログレのイメージを思い起こさせるこの名前は、ンガリンジェリ族の言葉「thelim 」に由来し、近くのマレー川の急カーブを指していると言われている。そのため、自然な流れを断ち切ることなく、ドラマチックな展開を見せるこのアルバムに特に適している。

関連記事
イベント情報
  • 藤井フミヤ「40th Anniversary FINAL in 日本武道館」公演

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

  • bar italia 初来日公演

  • BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

  • All Time Low 振替公演