Jake Bugg、ニューアルバム『A Modern Day Distraction』を 9/20 リリース!

2024.05.17

UKのシンガーソングライター Jake Bugg、ニューアルバム『A Modern Day Distraction』を 9/20 リリース!先行シングル「Zombieland」のミュージックビデオを公開しました。Liam Gallagher and John Squire のスペシャル・ゲストとしてツアーに参加したばかりのUKロック・トルバドゥール、Jake Bugg が、9月20日にRCAレコードから6枚目のアルバム『A Modern Day Distraction』をリリースする。この発表と同時に、新曲「Zombieland」と2024年冬のイギリスとEUでの公演が決定した。

先行シングル「Zombieland」のMVを公開!

「Zombieland」は、The Beatles から Nirvana の流れを汲むギターが骨を砕くようなバンガーで、逃れられない日々の苦難に打ちのめされ、硬直した唇で踏ん張る多くの人々への軽快な頌歌だ。「生きるために働くという絶え間ないサイクル」の中にいる人々について、彼は言う。

彼らは自分の価値に見合った給料をもらっていない。毎日同じことの繰り返しで、子供に会う時間よりも仕事にいる時間のほうが長い。それはおかしい。

ロンドンのメトロフォニック・スタジオで Metrophonic のプロデュースを受けたジェイクは、ロック色の強い『A Modern Day Distraction』で自身のルーツに立ち返った。このレコードは、社会的不平等への不満から生まれた。バグが気づいたのは、目をそらすことができない時が来たということだった。

「お前に何がわかるんだ」とか「音楽に専念しろ」と言われるかもしれない。僕は少しばかりお金を持っているけれど、このことがどんな人々に影響を及ぼしているかはみんな知っている。僕はただ、自分がそう感じたから書いただけなんだ。特に私たちのような国では、最も苦しんでいる人々の面倒を見る手段も資金もあるのに、そうしないことを選んでいるのだから。

マーキュリー賞にもノミネートされ、チャートを賑わせたセルフタイトルのデビュー作から12年、6枚のアルバムをリリースしている。彼は多くの時間を費やし、多くのことを成し遂げてきたが、まだ30歳であり、彼のショーの最前列が若返っているのを目の当たりにしている。その精神に則り、バグはまだ自分の最高の仕事はこれからだと感じている。

自分の歌を宇宙に向けて発信し、最善を祈るしかない。

関連記事
イベント情報
  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演