THE THE、四半世紀ぶりのニューアルバム『Ensoulment』を 9/6 リリース!

2024.05.17

イギリスのバンド THE THE (ザ・ザ) が四半世紀ぶり24年ぶりのニューアルバム『Ensoulment』を 9/6 リリースをアナウンス!先行シングル「Cognitive Dissident」を公開しました。この12曲入りアルバムは、2024年9月6日(金)に Cinéola / earMUSIC からリリースされる。愛とセックス、戦争と政治、生と死、そして21世紀に人間であることの意味まで、特徴的なトピックを網羅した『Ensoulment』は、THE THEの中心的クリエーター、マット・ジョンソンの拠点であるロンドンのスタジオ・シネオラで作曲、デモ、ミックスが行われた。

曲は、バース近郊のリアル・ワールド・スタジオでの6日間のセッションを前に、リハーサルでさらに洗練され、マットには長年の THE THE メンバーであるジェイムス・エラー(ベース)、DC・コラード(キーボード)、アール・ハーヴィン(ドラム)、バリー・カドガン(リード・ギター)が加わった。このアルバムには、THE THE の代表的アルバム『Infected』(1986年)と『Mind Bomb』(1989年)を手がけた共同プロデューサー兼エンジニアのウォーン・リヴシーが復帰している。さらに、ジリアン・グローヴァー(バッキング・ヴォーカル)、テリー・エドワーズ(ホーン)、ソーニャ・カリングフォード(フィドル)、ダニー・カミングス(パーカッション)らが参加している。

長年にわたり、THE THE のリリースは、マット・ジョンソンの亡き弟アンドリュー(別名アーティスト、アンディ・ドッグ)のアートワークのおかげもあって、独特の美的スタイルを確立してきた。『Ensoulment』では、アンドリューの未発表作品のいくつかをジャケット、レコードとCDの32ページのブックレット、全シングルのジャケットに使用している。「Cognitive Dissident」は、マット・ジョンソンとバリー・カドガンが作曲し、マット・ジョンソンとウォーン・リヴシーがプロデュースしたアルバムからのファーストシングルで、5月17日にデジタルリリースされた。バンドは秋に北米ツアーに繰り出す。

tracklist
Cognitive Dissident
Some Days I Drink My Coffee By The Grave Of William Blake
Zen & The Art Of Dating
Kissing The Ring Of POTUS
Life After Life
I Want To Wake Up With You
Down By The Frozen River
Risin’ Above The Need
Linoleum Smooth To The Stockinged Foot
Where Do We Go When We Die?
I Hope You Remember (the things I can’t forget)
A Rainy Day In May

関連記事
イベント情報
  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!