UKのトリップホップ・トリオ London Grammar、ニューアルバム『The Greatest Love』を 9/13 リリース!

2024.04.05

London Grammar

UKのトリップホップ・トリオ London Grammar、ニューアルバム『The Greatest Love』を Ministry of Sound から 9/13 リリースを発表!先行シングル「House」のミュージックビデオを公開しました。ダブル・プラチナム・セラーとなった London Grammar のデビュー作『If You Wait』から11年、バンドは4枚目のアルバム『The Greatest Love』をリリースする。このアルバムは、セレブリティを振り切りながらスタジアムの観衆を前に演奏し、独自の道を切り開いてきたグループの自由な創造性を讃えるものだ。ハンナ・リード、ダン・ロスマン、ドット・メジャーの3人は、世界で300万枚のアルバムを売り上げ、2枚のNo.1セールス、Ivor Novello 賞受賞、そして数々のBRIT賞ノミネートを誇る。「ここまで来られたことは、私の人生で最も誇らしいこと」と、ソングライターのハンナは言う。

先行シングル「House」のMVを公開!

この業界における2年目の10年に向けての勝利のスタートで、彼らは自分たちの音楽的直感を倍増させ、反抗的な新たな自信を見出した。ここ2、3年で、アーティストとしての優先順位やプロセスが変わった。それが私たちの物語の大きな部分を占めている。

自分たちのオーディエンスを見つけることに熱心な若いバンドとして、彼らは2013年のゲームチェンジャーとなった『f You Wait』と2017年の『Truth Is a Beautiful Thing』のプロモーションで何もためらわなかった。最近第一子を出産し、慢性疼痛疾患である線維筋痛症とともに生きるハンナは London Grammar が執拗なツアーから創造的なプロセスを大切にすることに焦点を移したことについて語る。ロックダウンの間、ツアーにまつわる不確実性が内省をもたらし、アートとソングライティングを自分たちの中心的な追求として大切にするようになった。この期間はまた、バンドが業界における女性差別とハンナの出会いと向き合い、議論することを可能にし、”バンド・セラピー” の環境を育み、彼らのキャリアのプレッシャーと期待を乗り越える助けとなった。

収録曲「Kind Of Man」のビジュアライザーを公開!

規制が緩和されると、バンドはアレクサンドラ・パレスでの2公演を含む、これまでで最大のUKツアーを行い、1日で35,000枚のチケットを売り上げた。2022年のコールドプレイのスタジアム・ツアーでは、70万人以上のファンを動員した。そして今、彼らは4枚目のアルバム『The Greatest Love』を携えて戻ってきた。このアルバムは、彼らのエモーショナルな歌詞と幽玄なヴォーカルを祝祭精神と融合させ、クリエイティヴな解放の時期を示している。リード・トラック「House」は、ハンナの個人的な成長とバンドの音楽制作における喜びの強調を反映し、エンパワーメントを体現している。彼らのサウンドは、エレクトロニカとポップを融合させ、ジャンルにとらわれず続けている。特に、生々しい歌詞とハンナのヴォーカルの才能を披露した痛烈な「Fakest Bitch」に顕著だ。このアルバムは、外部からの評価にあまり影響されず、ソロ活動によって豊かになった彼らの進化した自信を反映している。

BBC Radio 1’s Big Weekend 2024 に出演した「Wasting My Young Years」のライブ映像が公開!

メンバー3人はそれぞれ独立したプロジェクトを持っており、それが一緒に作る音楽をより良いものにしている: ハンナは絵を描きながら曲を書き、ドットはエレクトロニック・ミュージックをリリースするDJであり、ダンは複数のアーティストをプロデュースしている。ハンナは絵を描き、曲を書き、ドットはDJとしてエレクトロニック・ミュージックをリリースし、ダンは他のアーティストをプロデュースしている。

London Grammar は膨大なファン層を獲得している。彼らの音楽は10億回以上ストリーミングされている。ハンナは、「私たちがミュージックビデオに出演するのは、おそらくこのアルバムが最後でしょう」と言う。彼女は、彼らがバンドとして見つけたバランスに喜びを感じている。

街を歩けば、誰も私のことを知らないのに、私たちの音楽を愛してくれる人たちで大きな空間を埋め尽くすことができる。私たちは本当に、本当に一生懸命働いてきた。未来は明るい。年老いて、しわくちゃになって、完全に無関係になるまで、一緒に音楽を作り続けたいわ。アートを優先する限り、何十年も続けられない理由はないわ。

<各種パッケージの購入はこちら>

関連記事
イベント情報
  • bar italia 初来日公演

  • Itasca の初来日公演が決定!

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演