村上春樹の小説に登場するクラシック音楽を NTS が2時間以上に渡り紹介

2024.04.04

イースト・ロンドンのネットラジオ局 NTS Radio が日本の小説家、村上春樹の小説に登場するクラシック音楽をガイドした「Classical Music from Murakami Novels」を公開しました。小説家・村上春樹の小説に登場するクラシック音楽を、シューベルト、リスト、モーツァルトなどの楽曲を交えて2時間以上にわたって紹介しています。

個人的に村上春樹さんの著書でおすすめしたいのは、走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール『走ることについて語るときに僕の語ること』です。本書は、オークツリー・キャピタルがお勧めする10冊にもピックアップされています。

ハワード・マークス率いるオークツリーがお勧めする10冊

関連記事
イベント情報
  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

  • bar italia 初来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • 羊文学、横浜アリーナワンマンライブ「羊文学 LIVE 2024 "III"」を開催!