ブルックリンのヴィジュアル・アーティスト兼ソングライター Helenor、ニューアルバム『A public place』を 4/12 リリース!

2024.02.13

ブルックリンのヴィジュアル・アーティスト兼ソングライター Helenor、ニューアルバム『A public place』を 4/12 リリース!

NYブルックリンを拠点に活動するヴィジュアル・アーティスト兼ソングライター David DiAngelis (デイヴィッド・ディアンジェリス) のベッドルームで生まれた Helenor、ニューアルバム『A public place』を 4/12 リリース!ニューシングル「Tattoo」のミュージックビデオを公開しました。Helenor は世界を構築する。ディアンジェリスとメタモルフォーゼ、苛立たしい停滞の瞬間、(良い意味でも悪い意味でも)習慣との関係をDIYで音と映像で探求している。

収録曲「Tattoo」のMV公開!

収録曲「Suck」のリリックビデオを公開!

Helenor のトラックを体験することは、憂鬱な気分さえも少し揺らめき、実存的な疑問が答えの代わりにカタルシスを与え、夏の暑さが一年中浸透し、雲が詩的なメッセージを運びながら、たまたま上を見上げようとする誰にでも通り過ぎるような場所に連れて行かれることだ。DIYでリリースしたデビュー作『Something Twice』の成功後、ディアンジェリスは人生で最も過渡期にあることに気づいた。パンデミックがその白い握力を緩め始めた頃、彼は自分の持ち物をすべて収納ロッカーに詰め込み、ニューヨークに引っ越した。彼の人生における安定した一貫性のあるものすべてに疑問符がつき、ソングライティングが地に足をつけたと感じる新しい方法となった。

収録曲「Bad 2」

先行シングル「Warm Ways」のMV公開!

自分の人生に一貫して不満があるのなら、何かを変えるべきだ。それが、このアルバムで私が体現しようとしている理念だった。だから、すべてを変えようと自分を鼓舞する一方で、すべてを変えることをテーマにしたレコードを書いたんだ。

待望のリリースは、より洗練されたプロダクション・スタイルに加え、Vishal Nayak (Nick Hakim、Hannah Cohen) や Josh Bonati (Beach Fossils、Mac Demarco) といった複数の声やコラボレーターをフィーチャーしている。目立つリード・ギターが輝き、Helenor のギターとシンセが融合した岩盤と歌詞の詩は、ハイウェイの脇の涼しい水辺に浮かんでいるようだ。その結果、11曲入りのアルバム『A public place』は、大きな危険を冒すこと、そしてその罰と報酬がリアルタイムで起こるのを見ることをテーマにしている。

関連記事
イベント情報
  • 羊文学、横浜アリーナワンマンライブ「羊文学 LIVE 2024 "III"」を開催!

  • Bruno Mars (ブルーノ・マーズ) 来日公演

  • GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER

  • The Snuts 来日公演

  • アバンギャルディ、2nd LIVE「-宣戦布告-」の開催が決定!