NYのプログレッシブ・カルテット Combo Chimbita、ニューシングル「Margarita」をリリース!

2024.02.24

NYのプログレッシブ・カルテット Combo Chimbita (コンボ・チンビータ) がニューシングル「Margarita」をリリース!彼らのサイケデリックな傾向と、クンビアのグアチャラカとチチャに影響されたギターで濾過されたダブレゲエのルーツ的要素を組み合わせたトラックで、自身のレーベルからの初リリースを飾る。「Margarita」とダブの「Nene」は、サウンド的に豊かな7インチ・シングルで、進化し続けるコンボのサウンドの最新章を象徴している。

緩やかな即興集団から、コンサートホールを熱狂の渦に巻き込むコンパクトで衝撃的なアクトへと成長した数年間の活動を経て、Combo Chimbita は内省と新たな実験の時期に入った。ブルックリン・シーンの第一人者的存在であるプロデューサーに目をつけ、2023年後半、彼らはティックラーことヴィクター・アクセルロッドのスタジオに入り、いくつかの新曲をレコーディングした。

前作が外に向かって境界線を押し広げていたのとは対照的に、この新曲は彼らの内面的なルーツに深く分け入っている。フロントウーマンのキャロリーナ・オリヴェロスは、「私たちが影響を受けたリズムのひとつであるクンビアに立ち返った曲を作りたかったの」と言う。レゲエのサウンドシチューにどっぷり浸かったミュージシャンでありプロデューサーであるティクラがレコーディングを監督したことで、このセッションに独特の風味が加わり、オリヴェロスが言うように「ダブ・レゲエとクンビアの間のニュアンスで遊ぶ」余地をグループに与えた。

バンドがコロンビアの伝統的な要素を取り入れつつも、決して派生的なものにはしなかったところが気に入っている」とティクラは言う。「Margarita」は、その中間に位置し、南米と中米を結ぶ地峡の先住民の名前であり、偶然にも、このシングルが初リリースとなるグループが新たに設立したレーベルの名前にもなっているアビヤ・ヤラのような、中間的な領域に生息している。

この比喩は、グループのメンバーがコロンビアの伝統と、ニューヨーク (そして彼らの国際的な名声からすれば、さらにその向こう側) の移民としての想定された地位の狭間で生きていることから、さらに深く、また、居場所の喪失と変わりやすいアイデンティティのテーマがオリヴェロスの歌詞に貫かれていることから、さらに深く貫かれている。

時間、空間、意味の曖昧さそのものが、あの身の毛もよだつような、まったくソウルフルなヴォーカリゼーション–オリヴェロスは「私が話すことで言えないこと」と説明する–と、Niño Lento、Prince Of Queens、Dilemastronauta の間の言葉にならないコミュニケーションから生まれた催眠術のようなリズムの組み合わせの中で凝集している。

関連記事
イベント情報
  • Jungle 来日公演

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER

  • strongboi Japan Tour 2024

  • Incubus (インキュバス)

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Tones And I 来日公演