Charlotte Day Wilson、待望のセカンドアルバム『Cyan Blue』を XL から 5/3 リリース!

2024.02.26

カナダ・トロント生まれのシンガー、ソングライター、プロデューサー、マルチ・インストゥルメンタリスト Charlotte Day Wilson (シャーロット・デイ・ウィルソン)、待望のセカンドアルバム『Cyan Blue』を XL Recordings から 5/3 リリース!ニューシングル「I Don’t Love You」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムは、Charlotte Day Wilson の完璧なプロダクション・スキルと、滑らかなグルーヴのピアノ・コードとソフトなドラムに乗せたチルなヴォーカルを際立たせている。この曲について、Wilson は次のように語る。

この曲は、愛を失い去っていくことは、愛を見つけることと同じくらい感動的なことなのだということを思い出させてくれる曲なんだ。

『Cyan Blue』は、ゴスペル・ピアノ、温かみのあるソウルのベースライン、雰囲気のあるエレクトロニクス、そしてR&Bの突き抜けたメロディーなど、ウィルソンが永遠に影響を受け続けてきたシアン・タペストリーを滑らかに織り上げている。しかし、この作品には、ウィルソンの新時代の到来を告げる広大なセンスがある。『Cyan Blue』の制作について、Wilson はこう語る。

私はもう一度、若い頃の自分の色あせない目を見てみたい。荷物がそれほど多くなく、多くの人生を送る前の。も、若い頃の自分に今の自分を見てほしいとも思う。私が今持っている知恵や明晰さの一部を、彼女に伝えることができたらいいと思う。

Snoh Aalegra をフィーチャーした「Forever」のビジュアライザーを公開!

Leon Thomas (SZA, Ariana Grande, Post Malone)、Jack Rochon (H.E.R, Daniel Caesar) といったプロデューサーと組んだ『Cyan Blue』は、Wilson の音響的な専門知識を示すと同時に、彼女の時を超えたソングライティングの次なる進化を披露している。13曲の催眠術のようなトラックを通して、彼女は音楽を人間関係を解きほぐす器として使い続けている。しかし、『Cyan Blue』では、彼女は完璧主義者の傾向を一蹴することに挑戦した。

収録曲「Canopy」のMV公開!

以前は、強固な基礎、芸術的な完全性を備えた音楽を創ることに、非常に熱心だった。でも、それは少し息苦しかった。”時の試練に耐えられるような素晴らしい作品を、プレッシャーなく作らせてほしい” という感じだった。今は、すべてが完璧でなければならないという凍りついた状態から抜け出せたと思う。その瞬間の感情を、その瞬間に起こったままにとらえることに興味があるんだ。

このアルバムはまだ2枚目だが、Charlotte Day Wilson の音楽における影響力はメインストリームに大きな影響を与えている。Charlotte Day Wilson は2016年に絶賛されたEP『CDW』でブレイクし、2018年の『Stone Woman』に続き、2021年には絶賛された自主制作盤『Alpha』でスタジオ・デビュー・アルバムを正式なカミング・アウトの瞬間とした。過去10年間、彼女は Drake、John Mayer、James Blake にサンプリングされ、最近では Patti Smith が Wilson の2016年のブレイク・シングル「Work」を賞賛しカバーしている。さらに、Kaytranada、BADBADNOTGOOD、SG Lewis といったアーティストともコラボしており、Wilson が適応できない音はなく、彼女のシアン色の魔法を振りかけることができることを示している。

関連記事
イベント情報
  • 万能青年旅店 (Omnipotent Youth Society) 来日公演

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • The Snuts 来日公演

  • Tesseract (テッセラクト) 来日公演

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!