UKのポストパンク/ガレージロック・バンド Holiday Ghosts、ニューアルバム『Coat Of Arms』をリリース!

2024.01.17

UKのポストパンク/ガレージロック・バンド Holiday Ghosts、ニューアルバム『Coat Of Arms』を Fatcat Records から 3/29 リリース!ニューシングル「Sublime Disconnect」のミュージックビデオを公開しました。絶賛された2023年の『Absolute Reality』に続き、Holiday Ghosts が5枚目のアルバム『Coat Of Arms』を発表した。彼らの最新作は、彼らの発展における新たな段階を示すもので、SXSWでの全米デビューに続き、今年4月にはロンドンのモス・クラブでの公演を含む、これまでで最大規模のUKヘッドライン・ツアーのニュースと同時に到着した。

収録曲「Big Congratulations」のMV公開!

『Coat of Arms』のリード・シングルとなる「Sublime Disconnect」は、Holiday Ghosts がそのキャリアの中で完成させたサウンドを完璧に抽出したものだ。共同ヴォーカルの Kat Rackin のドライヴ感のあるドラミング・スタイルとスタッカートの効いたヴォーカルが、盛り上がるギター・メロディとブレイクネックなベースラインを後押しし、「バ・バ・バ」のキャッチーなコーラスが全体を包み込む。しかし、浮き浮きとした態度の裏には、深い歌詞の意味が隠されている。

私はイラン人で、両親はイランで生まれ、80年代のイラン革命後にスウェーデンに移り住んだの。私はマルメで生まれ、8歳のときにイギリスに引っ越した。イランへの愛着はほとんどなく、周囲の人々に溶け込もうと懸命に努力しながら育った。

「Sublime Disconnect」の歌詞は、このアイデンティティの不一致を物語っている。

そして今、彼らは私が誰で、どこから来たのかと尋ねている。今にして思えば、いくつかの人種差別的な出来事によって、スウェーデンやイギリスは私の本当の故郷ではないという種を植え付けられたんだ。この曲は、所属するとはどういうことなのか?

「Sublime Disconnect」は、このアルバムの政治的核心とも言える曲で、バンドの活動家としてのアイデンティティを支えている。というのも、ルールを作っている人たち以外には、誰にとっても平和はないと思うから。

『Coat Of Arms』ストリーミング

とキャットは言う。「移民政策がますますディストピア的になっていく政府の下で生きてきたことも、この曲と帰属という概念に大きく貢献していると思う。あなたの未来は輝いている?そして私は?自分の足で立ち直るまで、フリーパスだ、好意的な……」というセリフは、特権とゼロから始めなければならないこと、他の人々の闘いに対するある人々の無関心について言及している。

関連記事
イベント情報
  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演