LAの新鋭 urika's bedroom がデビューシングル「Junkie」をリリース!

記事には広告を含む

LAを拠点に活動する新鋭 urika’s bedroom がデビューシングル「Junkie」をリリース!囁くようなヴォーカルが、オフキルターなプロダクションスタイルと urika 自身のベッドルームで制作されたネオインダストリアルサウンドと融合しています。urika’s bedroom はすぐそこに隠れている。デジタルの熱に包まれて、ノイズとヒスノイズが聞こえる。

ここは静かではないけど、少なくとも理解はある」と urika は付け加えた。マルチ・インストゥルメンタリスト (2070、St.Panther、Youth Lagoon) としてツアーを行い、LAの untitled (halo) などのアーティストのプロデュースを手がけた後、ロサンゼルスから移住した urika’s bedroom は、デビューシングル「Junkie」で個人的な練習に戻る。

セルフ・プロデュースのこの曲は、ソニー・ディペリ(DIIV、アニマル・コレクティヴ、ポルトガル・ザ・マン)がミックスを手がけ、歪んだドラムと静電気を帯びたギターが、刺々しくささやくようなヴォーカルと出会う。鳥のさえずりやサイレンのように、混沌の壁の中で甘美に語りかける urika は、移り変わる現実のノイズからクリアで心地よい休息を提供してくれる。

この新曲は、urika’s bedroom とジャック・ディオーネが監督したミュージック・ビデオとともに発表され、同時に彼らの美学を明らかにしている。俗世を美化することよりも、俗世を歪めることに夢中になっている彼らの美学は、「Junkie」がシームレスに同居する豊かで超現実的な風景を集約している。デジタル化されたリアリズムの魅惑的なブレンドは、ファッション性よりも挑発性と生の感情を優先させ、観客を示唆に富んだ親密な芸術空間へと誘う。

urika の活動はクリエイティブ・ディレクション、モデル、スタイリングにまで及んでいるが、音楽は彼の聖域であり続けている。urika は、Ecco2k’s のギターを駆使した曲や、Alex G のオフキルターな天才的ソングライティングを、自身のサウンド・アイデンティティを形成する上で欠かせない存在として挙げており、また、Yves Tumor、Oneohtrix Point Never、Arca のような先鋭的なアーティストとのクリエイティブな親和性を見出している。 urika は9月〜10月にかけて、Youth Lagoon と北米ツアーを行う。