ナイジェリア注目のラッパー Aunty Rayzor、デビューアルバム『Viral Wreckage』を 9/1 リリース!

2023.07.19

Aunty Rayzor

日本刀よりも速くビートを切り裂く、ナイジェリア注目のラッパー Aunty Rayzor (アンティー・レイゾー)、デビューアルバム『Viral Wreckage』を Hakuna Kulala から 9/1 リリース!リードシングル「Nina」のミュージックビデオを公開しました。Bisola Olungbenga (ビソラ・オルンベンガ) が作曲を始めたのはわずか9歳のときだった。ピアノを弾く母親に励まされ、学校から帰ると妹と競い合い、お菓子のご褒美に詩やコーラスを考えた。以来、オルングベンガは、ヒップホップ、アフロビート、R&B、実験的なサウンドを融合させ、現代のラゴスをエネルギッシュに描く、ジャンルを超えた革新者であり、ナイジェリアで最も勢いのある新進アーティストのひとり、Aunty Rayzor へと進化した。

『Viral Wreckage』はオルングベンガのデビューアルバムで、2021年に発表したストリート・アンセム「Kuku Corona」の大ヒットに続くものだ。今回は、彼女のビジョンを実現するために、世界で最もエキサイティングなプロデューサーたちを集めた。コンゴのシンガー、ギタリスト、プロデューサーである Titi Bakorta、ウガンダの若手プロデューサー、Ill Gee、日本のベテラン・イノベーター、Scotch Rolex、サンパウロを拠点とするバイレ・ファンク・プロデューサー、DJ Cris Fontedofunk、フランスのビートメイカー、Debmaster、ナイジェリアのシンガー兼プロデューサー、Slimcase、そしてケニアのアヴァン・ポップ・フューチャリスト、Kabeaushé だ。

収録曲「Murder」のMV公開!

オルングベンガは、Scotch Rolex のクロムメッキされたトラップをバックに、ヨルバ語と英語で自己主張の強いラップを繰り広げる。ケニア/ウガンダのアンダーグラウンド・スター、MC Yallah とのプロデューサーの仕事から遠く離れてはいないが、Aunty Rayzor の煽情的で舌を巻くようなラップは、リスナーを定義するのが難しい音楽表現へと誘い、「Doko」に突入するとさらに広がりを見せる。

Wizkid や Mr Eazi といったナイジェリアのスーパースターとコラボした Slimcase をフィーチャーしたこのトラックは、スウィングする西アフリカのリズムと Slimcase と Aunty Rayzor の複雑な詩学が溶け合っている。オルングベンガは、DJ Cris Fontedofunk による腐敗したネオ・バイレのシャッフルの上で囁くように歌う、このアルバムで最もダンスフロア向きのカットのひとつである「Bounce」で、また違ったモードに移行する。

サンパウロは今、世界で最も勢いのあるダンス・ミュージックを生み出しており、Aunty Rayzor がヴォーカルをとることで、2つの異なる大陸の重要なストリート・ミュージックを繋ぐ、予想通りの爆発的な作品に仕上がっている。最近 Nyege Nyege と契約した Titi Bakorta は、「Fall Back」でオルングベンガをまた違ったゾーンへと導き、Aunty Rayzor の高らかなボーカルを完璧に引き立てる低音のギター・リフでヴィンテージ・アフロビートとリンクさせている。

Titi Bakorta の歌声は完璧な箔付けとなっており、懐古主義的に聞こえることなく、ナイジェリアの歴史を遡る伝統をトラックの中心に据えている。Kabeaushé は「You not worth of my love」でも同様の賛辞を送り、Aunty Rayzor のオートチューン風の韻を踏んだ新鮮なアヴァン・R&Bに仕上げている。

オルングベンガは、ナイジェリア人としてのアイデンティティを犠牲にすることなく、幅広い音楽的革新の世界からサウンドを取り入れ、折衷的でありながら鋭く焦点を絞っている。このアルバムは、ほとんど苦労することなく創造的であり、もっと大きなプラットフォームにふさわしいアーティストの心からのメッセージである。

関連記事
イベント情報
  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演