Neo Gibson の別名義 7038634357 が新作『Neo Seven』をリリース!

2023.07.28

7038634357

Neo Gibson (ネオ・ギブソン) の別名義 7038634357 が新作『Neo Seven』を 7/28 リリース!別名義 7038634357 としてレコーディング、演奏、プロデュースを行っている彼らの音楽は、その形式的な正確さ、メロディーの構造、特異な感情的なテナーが特徴です。これまでは、主に小ロットのCD-Rでセルフ・リリースされ、親密な環境で演奏されてきました。シンセサイザーとレコーディングはすべて彼らのコンピューターで行われ、『Neo Seven』は彼らにとって初のレコード作品であり、多作で流動的な彼らの作品のどこから始めるかにもよるが、おそらく7枚目のリリースとなる。

30分強の収録時間の中で、『Neo Seven』は、アーティストのエモーショナルで、心理的にチャージされたアンビエント・ソングライティングの、余裕のある、美しく、生々しい旅を含んでいる。アルバムに収録された7つのトラックは、サウンドスケープ、歌、静寂の間で絶えず形成と変形を繰り返しながら、互いに出入りしている。ターンテーブルの上で繁殖する埃とほとんど見分けがつかないような、短い間隔の柔らかいノイズが、次第にハーモニー・フォームの土台となる。

規則的な小休止を挟んで音色が微妙に変化していく様子は、深宇宙のパルサーの中を旅しているような感覚を覚える。Neo Gibson の重く加工されたメロディーは、静寂によって規則的にゲートされ、レコードの鼓動を形成し、内面的で主観的な旅が行われる広大なフィールドを作り出している。「Square Heart」は、このモチーフをリズミカルに利用し、ネオのロボットのような重くヴォコーダー化された声が遠く、不機嫌で、低くミックスされた曲ではあるが、意外にも痛々しいほど優しいポップ・ソングに発展している。各トラックが独自の内部論理を探求するにつれ、単純な構造から複雑な形態が生まれ、振動の層が混ざり合い、互いに積み重なっていく。圧縮されたテクスチャーのリズミカルなカッティングは、大気圏で燃え尽きる流星やフロントガラスに降り注ぐあられのように感じられる。

このレコードは、Neo Gibson がゆっくりと作り上げたアンビエント・ハーモニーの波が、耳障りなデジタル・ノイズによってカットされることで始まり、終わる。最終曲『Perfect Night』では、スラッシュの下に、ほとんど聞き取れないほどの歌の形が現れる。ノイズの下に隠されたネオの歌声は、明瞭さと柔らかさを帯びており、それが明らかになるのは、ノイズが曲の終わりに向かって映画的に飛び出す一瞬だけである。

関連記事
イベント情報
  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!