LAのオルタナ/シューゲイズ・バンド Film School、ニューアルバム『Field』をリリース!

2023.06.21

Film School

キャリア20年を誇るLAのオルタナ/シューゲイズ・バンド Film School、ニューアルバム『Field』を felte records から 8/25 リリース!ペルシャ文学最大の詩人ルーミーの詩『A Great Wagon (大きな荷馬車)』の中で、彼は完全な受容の場について書いている。

悪いことをした、正しいことをしたという考えを超えたところに、ある野原がある。そこで会おう

それは、私たちが自分自身に対して下す判断や背負うもの、そして他者との比較を解放することができる、無限の、限界の空間である。このフィールドを思い浮かべるとき、そこには影の自己に邪魔されず、存在を明るいとも暗いとも、白いとも黒いとも言えないものとして捉えたときにのみ得られる静謐な感覚がある。しかし、リードシンガーの Greg Bertens が説明するように、そこに到着するのは全く別の話です。

収録曲「Is This A Hotel?」のMV

この詩は、私が何年もかけて繰り返し読んできたもので、この場所のアイデアが大好きなんだ。このフィールドへの憧れとつかみどころのなさは、私たちの音楽で繰り返されるテーマだと思います。

収録曲「Tape Rewind」のビジュアライザーを公開!

felte からリリースされるファーストアルバム『Field』は、後悔、断絶、フラストレーションというテーマに包まれていますが、これらの感情は、自己の内面と外面を調和させるための闘いの自然な一部であると理解できる空間を持っています。

収録曲「All I’ll Ever Be」のビジュアライザーを公開!

ロサンゼルスとサンフランシスコを拠点とするこのグループは、2001年の結成以来、インディー・シューゲイザーの旗手として活躍してきました。20年の歳月を経て、ラインナップの変更を繰り返しながら、彼らの豊富なディスコグラフィーでは、Pavement、My Bloody Valentine、Snow Patrol などのメンバーがゲスト参加した、ダイナミックな質感と豊かなサイケデリック・ロックが披露されています。2021年のLP『Weren’t Here』は、ドリーミーなドローンギターとともに、容赦ないハイハットやヘビーキックが存在する、密度の高いインストゥルメンタル・ブランケットとして評価された。

収録曲「Influencer」のMV

Bertens、Noël Brydebell(ボーカル)、Nyles Lannon(ギター)、Jason Ruck(シンセ)、Justin LaBo(ベース)、Adam Wade(ドラム)のメンバーは、万華鏡のような音の風景を作り出し、この推進力のある性質は『Field』にも浸透している。辛抱強く、伸びやかな楽器演奏は、Bertens の持久力、忍耐力、明晰さというテーマが、配慮された姿勢で開花するための土台となる。特定のテーマや人物に焦点を当てるのではなく、楽器のアレンジに呼応するように書く作詞家である『Field』は、Film School が瞬間的に創造する能力を証明し、我々が本当に存在するときに生じる魔法を披露しています。

20年以上のキャリアを持つ Film School は、シューゲイザー・シーンにおける明確な支配的勢力として確固たる地位を築いています。感情的に開放的で想像力豊かな雰囲気に包まれたこのアルバムは、特異でありながら広がりがあり、常に進化する解釈のための扉を開いている。Film School は、決して具体的なものにとらわれることなく、『Field』で、私たちに確実な二元論を越えて、もう一度見直すよう促しているのです。

『Field』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • リバーダンス、9年ぶりとなる来日公演「Riverdance Japan 2024」が決定!

  • Jungle 来日公演

  • bar italia 初来日公演

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • LANY 来日公演