NYのポストパンク・トリオ Nation of Language、ニューアルバム『Strange Disciple』をリリース!

2023.03.09

NYのポストパンク・トリオ Nation of Language、ニューアルバム『Strange Disciple』を 9/15 リリース!先行シングル「Sole Obsession」のミュージックビデオを公開しました。

簡単に言うと、「Sole Obsession」は、いつ、あるいはいつ、屈服するか、あきらめるか、特に、夢中になったときに自分自身を縛る結び目をほどくか、について歌っているんだ。私たちの多くは、中毒的な感覚を経験したことがあり、その感覚は私たちをますます窮屈にし、願わくば、その特定の強迫観念から自分を解放することができる明確な瞬間がある。

次のアルバム『Strange Disciple』のタイトルは、「Sole Obsession」の歌詞に由来しています。この歌詞は、そのような性質を持つ人物、つまり、おそらく献身する価値がない対象に固執している自分に気づく人物を指しています。

私たちはこれを、私たち全員の中に住む匿名のローブを着た人物で表現することにしました。John MacKay と協力して、ミュージックビデオの中で弟子に生命を吹き込むことに成功しました。Maya Deren の「Meshes Of The Afternoon」(1943年)や Ingmar Bergman の「The Seventh Seal」(1958年)から映画的なインスピレーションを得て、弟子は我々の一人として描かれ、我々は弟子として描かれます。

収録曲「Too Much, Enough」のMV公開!

収録曲「Weak In Your Light」の試聴が開始!

このアルバムは、Primavera Sound、Pitchfork Festival、Outside Lands でのパフォーマンス、そしてこれまでに行われた数多くの最大のヘッドラインショーに続き、ブルックリンのバンドによる3枚目のLPは、外国と見慣れた街の通りを歩き回る、不思議な散歩を誘うような作品となっています。

収録曲「Sightseer」のMV公開!

収録曲「Stumbling Still」の試聴が開始!

リードシンガー兼ソングライターのイアン・デヴァニーは、ファーストアルバム『Introduction, Presence』を車の中で、セカンドアルバム『A Way Forward』を機関車の中で、クラウトロックのチャグチャグなサウンドに影響を受けながら演奏していると考えている。そして今回、パンデミックによって封鎖された場所以外で初めて制作/発表された『Strange Disciple』は、グルーヴ感のある曲と弾むベースラインが中心で、バンドがツアーで見ることになるとは思わなかった新しい場所を探索する興奮が伝わってくる、移動と航海のような作品になっています。

『Strange Disciple』ストリーミング

Aldous Harding の「Treasure」をカバーしたスタジオライブ映像が公開!

関連記事
イベント情報
  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!

  • Omar Apollo (オマー・アポロ) 単独公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!