イラン系アメリカ人のシンガー Rahill、デビューアルバム『Flowers At Your Feet』をリリース!

2023.03.30

Rahill

イラン系アメリカ人のシンガーソングライター Rahill (ラヒル) は、レーベルメイトの Yaya Bey や LYZZA と並んで、Ninja Tune の新しいレーベル Big Dada から深くパーソナルなソロ・プロジェクト『Flowers At Your Feet』を 5/12 リリース!このアルバムは、Beck や Jasper Marsalis (Slauson Malone) とのコラボレーションを含む全14曲で、Rahill のノスタルジックな2022年のカバーEP『Sun Songs』に続き、自己受容と自己愛の旅に出ることを意味します。

Beck をフィーチャーした「Fables」のMV公開!

このプロジェクトは、トリップホップ、ジャズ、アルトロックの要素を取り入れ、Rahill の敬虔で思慮深いリリックに支えられている。このアルバムは、Rahill とプロデューサーの Alex Epton (FKA Twigs、Arca) との緊密なコラボレーションによって制作され、Rahill の既存のソロ曲の強さと可能性をすぐに見抜き、彼女が数年前に書いた曲も含まれています。この発表に伴い、Rahill は『Flowers At Your Feet』の世界を垣間見ることができる新曲「I Smile for E」を、Rahill が「家族へのラブレター」と語るビジュアライザー(Minh Pham が制作、Ananya Malagi がアニメーションを追加)と共に発表しました。

先行シングル「I Smile for E」のMV公開!

この曲は、彼女の亡き叔母の録音を使った、家族と記憶への頌歌です。この新曲について Rahill は、次のように述べています。

「I Smile for E」は、失い、悲しむだけでなく、私たちが愛し、つながっていた人たちを祝福し、称えることをテーマにしています」と語っています。叔母の Elaheh (以下、E) は父の家族の支えでした。彼女の不在には本当に心が痛みますが、彼女への愛と私が今でも感じている彼女とのつながりは、物理的な領域で失ったものの破壊を凌駕しています。「I Smile for E」は、その痛みや悲しみとともに歩んでいる人たちに思い出させるものです。

収録曲「Futbol」の試聴が開始!

Rahill Jamalifard は、ミシガン州ランシング出身で、現在はニューヨーク州北部ハドソンバレーを拠点に活動するマルチなアーティスト、ミュージシャンです。ブルックリンのガレージロックの中心的存在である Habibi の創立メンバーとして、Rahill は様々な影響を錬金術で表現し、彼女が育ったイランとアメリカの家庭のモードとメロディーを表現した魅力的で重いポップソングにすることで高い評価を得ている。

イランの文化や音楽への親しみは、彼女のソロ活動にもますます表れている。熟練したDJである Rahill は、頻繁にライブを行い、NTS Radio で毎月のセレクションをキュレーションしています。彼女のビジュアル・アート (いわゆる「プリミティブ」なクレヨン画の最近のコレクション「I’m This I’m That I’m in the World」など) は、国際的に展示されている。その鋭い審美眼は、ファッションの世界でのコラボレーションにもつながり、特に Maryam Nassir Zadeh のSS23ニューヨーク・ファッション・ウィークのショーでは、『Flowers At Your Feet』の曲と「Haenim」(Sun Songs の1曲) のライブパフォーマンスを披露しました。

『Flowers At Your Feet』ストリーミング

今回の発表は、2021年に黒人、POC&マイノリティ・エスニックの人々による黒人、POC&マイノリティ・エスニック・アーティストのためのレーベルとして再始動したニンジャチューンのサブレーベル、Big Dada からの Rahill のファーストアルバムとなります。

関連記事
イベント情報
  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • Alice Phoebe Lou 来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演