ロンドンの多次元スペクタクル・バンド Mandrake Handshake、2ndEP『The Triple Point of Water』をリリース!

2022.11.21

Mandrake Handshake

オックスフォードで結成され、現在ロンドンを拠点に活動する多次元9人組のスペクタクル・バンド Mandrake Handshake (マンドレイク・ハンドシェイク) がセカンドEP『The Triple Point of Water』を Glasshouse Records から 11/18 リリース!2018年秋に結成された Mandrake Handshake は、クラウトロック、ファンク、サイケ、日本のアニメーション、ラテンの牧歌的詩など広範囲に渡る影響を受けたサウンドを生み出し、自らを「フラワークラウト」と称しています。

リードシングル「Emonzaemon」のMV公開!

2021年に Nice Swan Records とのコラボレーションで輝くデビューEPをリリースし、その後、ロックダウン後のライブ再開以来、高尚なライブの展望としての地位を強化した。Wide Awake Festival で会場を満員にした後、ロッテルダムの Left of the Dial で教会の金庫を揺らし、Green Man Festival ’22では満員のテントの中で熱狂的なセットを披露し、マンドレイクの宝石のような存在となった。2022年春には、ロンドン、マンチェスター、そしてグループ結成の地であるオックスフォードでのソールドアウトを含む全国ヘッドラインツアーが行われ、年内にさらなる公演が予定されている。

『The Triple Point of Water』ストリーミング

“フラワー・クラウト” と名付けられた彼らの研ぎ澄まされたスタイルを示す『The Triple Point of Water』は、クラウトロック、アートポップ、サイケデリア、謎めいたグルーヴと大胆不敵な即興をスパイスに、快楽主義の脳みそを刺激するごちそうを解き放ちます。アニメ・ニンジャのリフ・シュレッダーが、人間の愛の複雑さを表現するサイコポップ・ロマンとシームレスに混ざり合っている。また、フレンチ・ノワールのようなサスペンスフルな音楽は、ファシズムの打倒やアグレッシブでカウンタープレスなフットボールについてのモトリカルトリップへと発展していく。この1年半の間に彼らが吸収した幅広い影響力と、作曲過程やライブで新たに発見した突発的なジャムへの傾倒が盛り込まれた「The Triple Point of Water」は、マンドレイクの最も決定的なステートメントを記録している。2020年にファースト・シングル、2021年にファーストEPをリリースし、結成して間もないにもかかわらず、すでに NME、The Independent、DIY、The Line Of Best Fit、So Young、Clash、Loud & Quiet といった重鎮誌で広く賞賛を浴びています。

関連記事
イベント情報
  • Diana Krall (ダイアナ・クラール) 来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • God Save The Queen 来日公演 2024

  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演