Jamila Woods、4枚目のアルバム『Water Made Us』をリリース!

2023.07.11

米シカゴを拠点とするシンガーソングライター、詩人でもある Jamila Woods (ジャミラ・ウッズ) が4年ぶりのサードアルバム『Water Made Us』を Jagjaguwar から 10/13 リリース!先行シングル「Tiny Garden」のミュージックビデオを公開しました。新作『Water Made Us』で、Jamila Woods は、愛に完全に身を委ねるとはどういうことかを問いかけ、新たな輝きを放っている。本作で Jamila は、新しいジャンル、遊び心のあるメロディー、催眠術のような言葉遊びを取り入れながら、愛の残骸と避難所の爽快な波乱の中を進んでいく。

収録曲「Boomerang」のMV公開!

収録曲「Still」のMV公開!

2017年の『Heavn』では、Jamila が黒人フェミニスト運動のオーガナイザーの系譜の中で自身のコミュニティを讃え、2019年の『Legacy! Legacy!!!』では、象徴的な黒人と褐色のアーティストの輝かしいペルソナを通して彼女の人生経験をリフレーミングしたが、『Water Made Us』はまったく新しい方法で自己啓示的であり、これまでで最もパーソナルなアルバムとなっている。

収録曲「Good News」のビジュアライザーを公開!

LAを拠点とするプロデューサー McClenney とともに制作され、Saba や Peter CottonTale といった長年の友人やシカゴ出身のアーティストをフィーチャリングに迎えた『Water Made Us』は、恋愛のさまざまな段階を反映するように巧みにデザインされた、自己省察の広大で親密な肖像画である: 安易な妥協、浮気、楽しさの初期、衝突や傷つく瞬間の慎重な交渉、失われたものへの悲嘆、そしてすべての終わりには、いなくなった人は決して本当の意味で去ることはなく、リフレッシュして安心し、再挑戦する準備ができている自分に気づきながら、自分のそばにとどまるという優しい悟り。

Saba をフィーチャーした「Practice」のMV公開!

アルバムのハイライト曲「Good News」の一節から取られたアルバム・タイトルは、有名な Toni Morrison の名言「すべての水は完全な記憶を持っていて、永遠に元の場所に戻ろうとしている」をさりげなく引用している。記憶、場所、そして戻るというこの感情こそが、このアルバムの弧の柱として機能している。『Water Made Us』は、最高の愛は温かく静かな海であることを思い出させてくれる。深く、揺らめき、その驚きに終わりはない。そして最悪の愛とは、私たちを自分自身から遠くへ連れ去り、帰り道がわからなくなり、泳ぎ方さえ思い出せなくなるような急流である。それでも Jamila はこの波に身をゆだねる-すべての波と引き波に-。

関連記事
イベント情報
  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • The Last Dinner Party 単独公演

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!