ツインボーカルのオルタナ・シューゲイズ・バンド Fleshwater、デビューアルバム『We're Not Here To Be Loved』をリリース!

記事には広告を含む

米マサチューセッツ州を拠点に活動するツインボーカルのオルタナ・シューゲイズ・バンド Fleshwater (フレッシュウォーター) がデビューアルバム『We’re Not Here To Be Loved』を 11/4 リリース!ニューシングル「The Razor’s Apple」のミュージックビデオを公開。Fleshwater は、オルタナティブ、シューゲイザー、エレクトロニック、ポストハードコアなど幅広いジャンルの音楽を、鮮やかな色彩と内臓の質感に溢れるタイトなサウンドのキャンバスに描き出します。彼らの曲は、まるで生き物のように予測不可能に展開する(そして、次にどこへ行くのか全く予想がつかない)。再生ボタンを押した瞬間に、まるで感情の奔流が現れて、レコードを止めると幽玄の世界に戻っていくかのようだ。

収録曲「Kiss The Ladder」のMV公開!

Anthony DiDio (ボーカル、ギター)、Marisa Shirar (ボーカル)、Matt Wood (ドラムス)、Jeremy Martin (ベース) の4人組は、男女のハーモニーを吸い込むように、そしてディストーションを吐き出すように、バランスをとっている。9曲入りのデビューアルバム『We’re Not Here To Be Loved』を Closed Casket Activities から発表した彼らは、今、その姿を現した。Anthony は、「この曲は曖昧なんだ」と言う。

ジャンルに括られるのではなく、ムードに付随した音楽という感じだ。いろいろな要素があるんだ。Fleshwater は決して1つのものではないんだ。

バンドは2020年に Demo で静かに登場した。「Linda Claire」は水面下で130万回の Spotify ストリーミングを集め、Stereogum は3曲入りのこの作品を “ハジーなギター・トラッジ・ミュージックのクールな作品” として賞賛した。その過程で、ミュージシャンたちは『We’re Not Here To Be Loved』となる作品を書き上げ、Kurt Ballou (Converge) がレコーディングを担当したアルバムをセルフ・プロデュースした。バンドは Hum、Deftones、Sunny Day Real Estate、Far から Björk まで、万華鏡のように様々な影響を受けており、最終的には、鋭いグルーヴと麻酔のように華やかなヴォーカルに支えられた独自の幽玄なスタイルに到達した。

1分弱のシングル「Kiss The Ladder」は、光り輝くギターと Marisa の催眠術のような歌声で脈打つ。「Backstairs Breathing」は、きしむようなクリーン・ギターと Anthony のメロディックなヴァースで始まる。そして、「Become a memory next to me」と二人の声が絡み合い、切迫したリフレインに変わる。そして、「The Razor’s Apple」は、Marisa のゴージャスでありながら小声の歌声によって、陰湿なほどキャッチーな楽曲に仕上がっています。この曲は、ナイフのように正確なリフをバックに、ドラムのブレイクダウンに続いてスパイラルに展開します。

5分を超えた「Foreign」はパンチの効いたリフに傾き、Marisa と Anthony はコーラスで最後のカタルシスをもたらすコール&レスポンスにロックオンする。結局のところ、Fleshwater はこれまで聴いたことのないようなバンドであり、だからこそ、彼らの音楽を聴く経験はあなただけのものになる。「Fleshwater の音楽を聴いて、自分なりの体験をしてほしい。そして、それに身を任せてほしい」と Anthony は語る。

『We’re Not Here To Be Loved』ストリーミング

tracklist:
01. Baldpate Driver
02. Closet
03. The Razor’s Apple
04. Woohoo
05. Linda Claire
06. Kiss The Ladder
07. Enjoy
08. Backstairs Breathing
09. Foreign