Frankie Cosmos、3年ぶりのニューアルバム『Inner World Peace』を 10/21 リリース!

NYのシンガーソングライター、グレタ・クライン率いる Frankie Cosmos (フランキー・コスモス)、ニューアルバム『Inner World Peace』を Sub Pop から 10/21 リリース!先行シングル「One Year Stand」の試聴が開始されました。Frankie Cosmos の4人のメンバーとブルックリンのスタジオで会い、彼らのアルバム制作を開始した暖かい日の前には、いくつかの出来事があった。グレタ・クラインは数年間、家族と暮らしながらわずか100曲の曲を書き、へそから月までのどこにでも共感を向け、すべてを暖かく、身近で、反射的にユーモラスに表現する。音楽界では、誰もがティーン・エイジャーのセンセーションを好むが、クラインは、同世代で最も多作なソングライターの一人となった10年後の今、これほどまでに魅力的な存在であったことはないだろう。Rachel Cusk や Sheila Heti のような観察眼に優れた作家の中にあって、彼女はより面白く、それはミュージシャンに特有の魅力である。

リードシングル「One Year Stand」のMV公開!

一方、Frankie Cosmos は、バンドという希少で減少しつつある民主的な存在でありながら、継続するかどうかわからないまま、パンデミック的に活動を休止していた。その不安の開放感の中で、彼らは約500日ぶりに一緒に遊んだり、音楽を演奏したりすることを計画して、出会った。そこで彼らは、膨大な数の楽曲の中から、一緒に仕事をするために必要なものを選び出し、グレタの楽曲を集めた『Inner World Peace』を制作しました。キーボードの Lauren Martin とドラムの Luke Pyenson は、「ドローン、瞑想、反復、透明性、意図性」、そして「70年代のフォークとポップ」を自分たちのパートへのアプローチの参考として挙げています。ベース/ギターの Alex Bailey によると、当時は彼らの「アンビエント」または「サイケ」アルバムと呼んでいたそうです。『Inner World Peace』は、そうした質感のある要素と、クラインの簡潔なポップへの傾倒の間のどこかに、そのバランスを見出すことができるのです。

中心曲の「One Year Stand」は、Yo La Tengo の『And Then Nothing Turned Itself Inside Out』の最もソフトな瞬間を思い出させる親密さのある小さなスノーグローブである。ハモンドオルガンとシンセサイザーによるマーティンのドローンによって、この曲はループで繰り返し演奏することができる。グレタのヴォーカルがどのように録音されたかは明らかだと思いたい。深夜、私たちは皆、照明を落としてそばに座り、彼女が「I’m not worried about the / rest of my life / because you are here today / I go back in time / I’m a cast iron.」と歌うのに目を奪われていたのだ。中学時代から一緒に歌ってきたというクラインとマーティンの歌声は、違和感なく溶け込んでいる。

ブルックリンの Figure 8 スタジオでキャンプを始めると、まず、バンドが各トラックのために作ったカラフルな巨大スライドを映し出した。内なる論理がすべてを強化し、プログレッシブな瞬間には、Frankie Cosmos は見逃せないワンテイク・バンドとなるのだ。『Inner World Peace』で彼らがワイルドで新鮮なサウンドを奏でたとき、それは彼らがより深く自分たちのものになったということなのかもしれない。『Inner World Peace』は、抱いた感情を伝えることに長けている。シンセとハルモニウムに支えられ、静寂に包まれた彼女の歌声は、”Empty Head” のように高くそびえ立ち、思考を解放するように歌われる。彼女の思考が急ぎすぎて欲望に満ちているときは、バンドも同様で、彼女はそのすべてを抑えきれないかのように言葉から言葉へ飛び移る。しかし、彼らはクラインの視点を常に意識しながら、それを巧みに操っている。グレタは言う。

私にとって、このアルバムは知覚についてです。私は誰なのか?という疑問と、その答えが重要かどうかということ。量子的な時間、目に見えない世界の可能性について。このアルバムは、新しい文脈の中で浮遊する自分自身を発見するためのものです。両親と暮らすティーンエイジャーに戻る。大人になって、愛の行為として家族と暮らすことを選んだ。時間は私たちを前進させ、老化させ、そしてまた凍らせた。もしあなたが家から出なければ、あなたは世界にとってどんな存在になるのでしょうか?そこで発見した人を外に連れ出すことができるのでしょうか?

2019年の前作『Close it Quietly』以来となる3年ぶり5枚目のスタジオアルバム。

text by katie von schleicher