カナダ注目のインディーポップ・バンド Nutrients、ニューアルバム『Different Bridges』をリリース!

Photo by Brad Bennett

カナダ・トロント注目のインディーポップ・バンド Nutrients、ニューアルバム『Different Bridges』を 8/5 リリース!先行シングル「Window Seat」のミュージックビデオを公開しました。トロントを拠点に活動する Nutrients は、その優しいメロディーとジャングリーなポップソングで有名です。Luna Li や Jaunt の前座を務めたり、Boise の Treefort Festival に出演したこともある彼らは、ゆっくりと、しかし確実に、当初よりも精巧なものに成長しており、この新しいシングルでもそれは明らかです。

収録曲「Nauseous」のMV公開!

Nutrients は、そのスラッカーなサウンドから90年代の様々なバンドと比較されることが多く、また、その奇妙なポップ性から現代のベッドルームポップのアーティストと比較されることもあるようです。また、時折、不協和音の脱線をすることでも知られている。バンドの主要なソングライターである Taylor Teeple は、モントリオールの Boulevard St-Laurent の奥深くでささやかな宅録プロジェクトとしてバンドを開始しました。その後トロントに移り住み、ピアニストの Iulia Ciobanu、ベーシストの Sean McKee、ギタリストの Will Hunter を加えたメンバーで活動を開始しました。

収録曲「the dolphin」のMVを公開!

表題曲「Different Bridges」のMVを公開!

新曲「Window Seat」では、弾むようなギターラインとドライブの効いたパーカッションに、華やかなヴォーカルメロディーをミックスしたもので、Barrie、TOPS、Andy Shauf といった同世代のバンドを彷彿させる一方で、Haircut 100、Steely Dan、China Crisis といったバンドからインスピレーションを得ている。新曲についてソングライターの Teeple は次のように述べています。

収録曲「How the Breeze Felt」のMV公開!

この曲は、Nutrients がかつて書いた曲を思い出させるような、素早いギターポップ曲だ。ギターのインタープレイは、2本のギターが1弦のリフを同時に演奏しているだけなんだけど、ちょっとしたズレがあるんだ。このリフはエモに隣接しているような感じだね。

2016年から2018年にかけて一連の自作テープをリリースし、アラバマ州バーミンガムの愛すべきレーベル、Earth Libraries からリリースされた初期のアルバムを経て、今日、バンドは柔らかく歌われる爽やかなギター・ポップのニューアルバムを完成させた。マルチ・インストゥルメンタリストの Ben Fukuzawa の新メンバーとともに、新鮮で忘れられたサウンドを採掘するためにパンデミックを過ごしたこと。その成果がこのニューシングル「Window Seat」に表れている。Teeple と Hunter のギターが中心だったこの作品では、McKee のベースライン、Ciobanu の幽玄なハーモニー、そして Fukuzawa の安定したリズムが影を潜めている。今年数枚のシングル「Window seat」、「Nauseous」、「How the Breeze Felt」を発表し、いよいよニューアルバムがリリースされる。

『Different Bridges』ストリーミング