コロンビア/ベルリンの実験音楽家 Lucrecia Dalt、天性の感覚的な響きを表現したアルバム『¡Ay!』を 10/14 リリース!

コロンビア/ベルリンの実験音楽家 Lucrecia Dalt (ルクレシア・ダルト)、故郷で育った天性の感覚的な響きを表現したニューアルバム『¡Ay!』を 10/14 リリース!ダルトの作曲に対する内省的なアプローチは、2020年の魅惑的なアルバム『No era sólida』で初めて表面化し、『¡Ay!』では彼女が子供の頃に吸収した音楽ジャンルの無意識的なスペクトルで屈折しています。ボレロ、マンボ、サルサ、メレンゲなど、ダルトの幼少期を彩った宝物のようなサウンドとシンコペーションが『¡Ay!』で目覚め、アルバムの輪郭を輝かせている。この音楽の直感的なメロディー構造は、記憶とモジュラーシンセによって処理され、ダルトを創作の原点となる蜃気楼へと導き、彼女が常に作りたかったアルバムへと導いたのです。

収録曲「Atemporal」のMV公開!

『¡Ay!』は、以前『No era sólida』や2018年のアルバム『Anticlines』で探求したように、簡単に定義できるエッジを拡散し、ダルトの特徴である機械的な歪みの暖かさでろ過した豊かな音響テクスチャーのティンクチャーである。ここでは、アップライト・ベース、管楽器アンサンブル、ブラスの鮮やかなインカンテーションが、放射状のリズムを横切って蒸留されたハーモニック・モチーフの煌めきを形成しています。ダルトは友人でありコラボレーターの Alex Lázaro と密接に協力し、スローダウンしたトゥンバオとボレロ・パーカッション・パターンの新しい形と色を開拓した。彼らは伝統的なドラムキットを分解し、コンガ、ボンゴ、テンプルブロック、ティンバレスなどを蛇行させ、ルクレシアの明晰な歌声の行列の中で踊るようにチューニングしている。

先行曲「No tiempo」のMV公開!

ダルトは、哲学者 Miguel Prado との理論的な交流から生まれたSF神話を、この幻覚的な時空の交錯の中に投影している。意識と無時間性への相互の関心から、ダルトは母国語であるスペイン語の絹のような歌詞で、形而上学的な冒険の物語を召喚したのである。『¡Ay!』の豊かな音楽世界は、プレタと呼ばれるエイリアンが、蒸発した古い皮膚から水圏に体を集めるための、柔らかくも不明瞭な着陸場所を提供する。地質学や愛や時間といった地球上の指標と、時間を超越した存在である自分の状態とのコントラストをナビゲートしながら、私たちは彼女が初めて経験する封じ込めと落ち着きを追います。

ダルトの高らかなボーカルを通して、この幽玄な存在の親密なモノローグが、アルバムの鮮やかな楽器アレンジメントに揺さぶられます。『¡Ay!』はトロピカルなリズムとSF的なストーリーの珍しい出会いを演出し、ダルトは彼女の不定形のキャラクターを考案し、恋愛ジャンルの予想されるクリシェなしで愛を探求しているのである。ダルトはこのメロドラマ的な物語の弧に明るさとユーモアをもたらし、再び慣習に縛られることなく、抽象的で断片的な遺物へと境界を打ち破りました。『Ay!』はダルトが作詞、作曲、編曲、プロデュースし、Marta Salogni がミキシングを担当しました。

『¡Ay!』はダルトが彼女の作品において新たな次元に踏み出すための挿入句であり、それは彼女の音楽的ソースのパノラマビューに到達した瞬間と彼女の電子的啓示の遺産とを結びつけるものである。音と精神において、『¡Ay!』は生まれ育った場所と環境のチューニングを探求し、ダルトは時間の封じ込めの呪縛を解き放ちます。時間と地形の螺旋的な傾向を通して、ダルトは彼女が始めたところに到達したのである。

Lucrecia Dalt の『¡Ay!』は2022年10月14日にビニール盤、CD、デジタルフォーマットでリリースされる予定です。Lucrecia Dalt と RVNG を代表して、このリリースの収益の一部は、コロンビアのチョコを拠点に、黒人フェミニズム、脱植民地主義、コミュニティに関するアフロ中心の解放教育を推進し、アクティビズム、自然保護、先祖のケアを奨励する女性たちが率いる民族間の組織、Fundación Mareia に貢献されます。

tracklist:
01. No tiempo
02. El Galatazó
03. Atemporal
04. Dicen
05. Contenida
06. La Desmesura
07. Gena
08. Bochinche
09. Enviada
10. Epílogo