Young Fathers、4年以上ぶりのニューシングル「Geronimo」を携えてカムバック

スコットランド・エディンバラを拠点に活動するヒップホップ・ユニット Young Fathers、4年以上ぶりのニューシングル「Geronimo」を携えてカムバック。2018年にリリースされた絶賛のサード・アルバム『Cocoa Sugar』、その後のソールドアウト・ツアー、そしてその後の長期休止を経て、Young Fathers (アロイシャス・マサコイ、カユス・バンコール、G・ヘイスティングス) は先日スタジオに再集結し、自由奔放なスタジオ・セッションを展開した。「Geronimo」は、このセッションで完成した最初の曲で、Young Fathers がこれまでで最もソウルフルで心に響く曲で、再び期待を裏切るスタンドアローンシングルになっています。新曲「Geronimo」について、Young Fathers は次のように語っている。

「良い時間を過ごそう」そう言ったマーは微笑んでいたが、それは警告の意味だった。

この曲はコントラストについての曲だ。人生とはコントラストであり、押し通すこととあきらめること、そのすべてが同時に起こるからだ。すべてを望み、そして何も望まず、またすべてを望む。この曲は、私たちが今いる場所を反映しているようなもので、もう一度この方法を思い出そうとしているところです。

音楽を作ること、そしてそれに付随する他のすべてのことを思い出そうとしている。悪いことはすべて忘れて、どこかにたどり着こうとしてるんだ。それが今、私たちがいる場所、どこかにたどり着こうとしている場所です。

苦労の中にある優しさですね。事前にドライブ感やワイルドなエネルギーを持った作品をたくさん出していたのですが、この作品には集中力がありました。個人的にもまた幅が広がりましたし、そこから本当の高揚感が生まれます。腕がもう一本伸びた。自分たちでも驚いています。

だから、「Geronimo」という曲で戻ってくるのは、とてもふさわしいことだと思う。また俺たち3人で、でもまだクソみたいな地下室にいるんだ。