元Priests の Katie Alice Greer、ソロ・デビューアルバム『Barbarism』を 6/24 リリース!

LAを拠点に活動するアーティスト、元Priests の Katie Alice Greer (ケイティ・アリス・グリア) がソロ・デビューアルバム『Barbarism』を FourFour Records から 6/24 リリース!先行シングル「FITS/My Love Can’t Be」のミュージックビデオを公開しました。このMVは、彼女自身が監督/制作/編集を手がけています。新曲については以下のように述べています。

パンデミックが始まって以来、70日間ほどほとんど一人で過ごしていたんだ。ある週末、フェアファックス・アベニューに自転車で出かけたら、何千人もの人々の中に自分がいることに気がついた。それは衝撃的でした…. かろうじて住んでいる寝室の静けさから一転、ショッピングカートが飛び出し、見知らぬ人たちが詠唱し、ベージュのガントレットが列をなし、戦車がメルローズの高級下着店や雑貨店の前に縦列駐車していたのですから。物が燃えていた。帰りに『Exile on Main St. (ローリング・ストーンズ)』を聴いたのは、同じように矛盾した複雑な感情が混在していることに共鳴したからだろう。その感情を呼び起こした出来事を再現することなく、自分が感じていることをすべて表現したいと思いました。

収録曲「Captivated」のMV公開!

ソロ・アルバム『Barbarism』は、脚本、演奏、プロデュース、ミキシングをすべて Katie Alice Greer が手がけました。この作品は非常に独特で、個々の視点によって完全に保持されたグラフィック・ビジョンです。また、この作品は、断崖絶壁、魅力、衝撃に満ち溢れた、無限で緑豊かなレコードです。グリアの言葉を借りれば、「このレコードを作ることは、まるで一つの世界を作っているような気がした」のです。

この世界は不穏で、騒々しい。それは、オーケストラの歯車があなたの袖を掴んで引きずり込もうとする脅威を感じさせる。音の集積はグリアが手にした武器のように感じられることもあれば、彼女が戦っている悪意ある溺れるような力であることもある。どちらの場合も、グリアが自分の声をコントロールできるようになったのは幸運なことだ。この轟音の上で風を送り、それを攻撃し、曲は恥ずかしがりながらも、美しさに身をゆだねるように、はっきりと弱々しくなっていくのだ。