The xx の Oliver Sim がソロ・デビューシングル「Romance With A Memory」をリリース!

Oliver Sim

Photo by Casper Sejersen

The xx のソングライター、ベーシスト、ヴォーカリストとして知られる Oliver Sim (オリヴァー・シム) がソロ・デビューシングル「Romance With A Memory」をリリース!この楽曲はジェイミー・エックス・エックスがプロデュースを担当し、チャリティー・カセ、ホソ・テラ・トーマ、ジーナ・マーヴィンといったアーティストやドラァグ・パフォーマーが出演するリリックビデオと共に公開された。

「Romance with a Memory」を皆に聴いてもらえて嬉しいよ。ワクワクした興奮と、恍惚感、そしてカフェインの取り過ぎで有頂天になっているよ!恐ろしいことに、これは僕が初めて自分の名前でリリースする曲なんだ!だから、皆がこの曲を楽しんでくれたら本当に嬉しいよ。プロデュースは僕の親愛なる兄弟、ジェイミー・エックス・エックス。ちなみに、ロミーとジェイミーとは今でもラブラブで超ハッピーな関係を続けているよ。
– オリヴァー・シム

ロンドンで生まれ育った Oliver Sim は、2005年の結成時から the xx のメンバーとして活動している。2017年の『I See You』で大成功を収めた後、メンバーの3人は個人としての時間を取ることを意識的に選択したという。休息と内省の期間を経て、また友人たちの励ましもあって、オリヴァーはソロ作品の制作を遂に開始した。彼が大好きなホラー映画や、自身の人生からインスピレーションを得て、いくつかのデモをまとめ、バンドメンバーのジェイミー・エックス・エックスのもとへ持ち込み、曲を作り込んでいった。「Romance with a Memory」はオリヴァーが最初に書いた曲の一つであり、ジェイミー・エックス・エックスと一緒に取り組んだ最初の曲である。

また、the xx は、Apple Music のグローバル・ライブ・ストリーミング・ラジオ局 Apple Music 1 で放送される、月刊ラジオ・シリーズ Interludes Radio を担当することを発表した。Interludes Radio では、多岐にわたる音楽や、音楽/カルチャー界における著名な友人からの特別なメッセージ、ファンとの交流、この番組でしか聴くことのできない新曲、そしてバンドのクリエイティブな過程についての情報などをお届けする予定だ。初回はオリヴァー・シムが司会を担当し、ホラー映画をテーマにした特別エピソードを公開している。その後のエピソードは、ジェイミー・エックス・エックスとロミーが司会を務める予定だ。