LAのニューウェーブ・トリオ Automatic、セカンドアルバム『Excess』を 6/24 リリース!

Automatic

Photo by Logan White

LAの実験的なポストパンク/ニューウェーブ・トリオ Automatic (オートマティック)、セカンドアルバム『Excess』を Stones Throw から 6/24 リリース!先行シングル「New Beginning」を公開しました。Automatic のセカンド・アルバム『Excess』は、70年代のアンダーグラウンドと80年代の企業文化が出会う想像上の縁、つまりバンドが言うように、「かつてクールだったものが、消費主義のために急速に変化して主流となった、その一瞬」に乗っている。

先行シングル「New Beginning」を公開!

収録曲「Venus Hour」の試聴が開始!

この時点をレンズにして今を見るために、『Excess』は企業文化と贅沢を狙い撃ちしている。疎外と逃避という包括的なテーマは、Automatic が『Excess』を制作する際に浮かび上がったもので、新曲を練り上げるためにリトリートを行った後、プロデューサー Joo Joo Ashworth (Sasami、FROTH) とスタジオでスプリントレコーディングを行った。

収録曲「Skyscraper」の試聴が開始!

スウェーデンのSF映画『Aniara』にインスパイアされた「New Beginning」では、超富裕層が有人宇宙旅行に目を向けている今、彼らは焦土と化した惑星を捨てて「より良い場所」を探すという誤った希望を拒否しています。「欲望のために / 私たちは遠くへ旅立つ」。この曲と付属のビデオは、無制限の消費主義が論理的な結果に達した後、地球から脱出しようとする「ニヒリズムと孤独」を想像しています。Automatic は、Izzy Glaudini(シンセ、リードボーカル)、Lola Dompé(ドラム、ボーカル)、Halle Saxon(ベース、ボーカル)の3人組、2019年に同レーベルよりデビューアルバム『Signal』を発表しています。

tracklist:
1. New Beginning
2. On the Edge
3. Skyscraper
4. Realms
5. Venus Hour
6. Automaton
7. Teen Beat
8. NRG
9. Lucy
10. Turn Away