NYブルックリンのバンド Geese、セカンドアルバム『3D Country』をリリース!

2023.02.01

Geese

Photo by Kyle Berger

NYブルックリンのポストパンク・バンド Geese、待望のセカンドアルバム『3D Country』を Partisan Records / Play It Again Sam から 6/23 リリース!先行シングル「Cowboy Nudes」のミュージックビデオを公開しました。この曲について、フロントマンの Cameron Winter は、「世界の終わりの後に、人生がより良く、より楽しくなることを歌っている」と述べています。バンドと James Ford (Arctic Monkeys、Depeche Mode、Shame) の共同プロデュースによる11曲のアルバムは、グループの規模とビジョンの両方が爆発している。

先行シングル「Cowboy Nudes」のMVを公開!

アルバムの表題曲となる「3D Country」についてバンドは、次のように述べています。

表題曲「3D Country」のMV公開!

歌詞は、西部開拓時代にサイケデリックを使ったカウボーイが、脳を永遠に焼き尽くすという話なんだ。最初は Cormac McCarthy の小説に出てくるような、ストイックで男らしいキャラクターを想像していたんだけど、だんだん解き明かされて、古代ローマや万里の長城で自分の過去の生活を見てしまう。最終的に彼は自分自身を見つけ、祝祭的なものに変わります。この厳格な個人と、心を揺さぶる超次元的な体験を対比させるというアイデアが気に入ったんだ。

収録曲「Mysterious Love」のMV公開!

収録曲「St Elmo」のMV公開!

2021年の夏、Geese はどこからともなく現れ、最近のアメリカの若いロックバンドには見られなかったハイプサイクルを巻き起こした。それまで楽曲をリリースして解散し、大学へ進学する予定だったバンドが、突然世界をツアーするようになったのです。Colbert でテレビ・デビューを果たし、NYタイムズ、Stereogum Band To Watch、Consequence Artist Of The Month、Paste Best Of What’s Next に紹介され、ローリングストーンでは「インディーロックの神童」と呼ばれ、Jack White や Spoon ともツアーをしました。

収録曲「I See Myself」のMV公開!

そして、この一連のプロセスの間に、誰もが知るようになったあのバンドが存在しなくなってしまったのです。現実的なレベルでは、Geese はまだ2021年に紹介したグループである : ボーカル Cameron Winter、ギタリスト Gus Green、ギタリスト Foster Hudson、ベース Dom DiGesu、そしてドラマー Max Bassin。しかし精神的には、Geese は全く別の展望として戻ってきた。『3D Country』は、落ち着きのない冒険的なバンドが自分たちを再定義したサウンドである。新しいアルバムを総括して、ドラマーの Max Bassin は、以下のように締めくくる。

サーカスに行ったら、楽しい時間を過ごすどころか、みんながあなたを殺そうとしているような感じだ。

『3D Country』ストリーミング

シアトルのラジオ局 KEXP 主催の THING 2023 に出演したライブ映像が公開!

https://www.youtube.com/watch?v=Y73i7F39wOk

tracklist:
1. 2122
2. 3D Country
3. Cowboy Nudes
4. I See Myself
5. Undoer
6. Crusades
7. Gravity Blues
8. Mysterious Love
9. Domoto
10. Tomorrow’s Crusades
11. St Elmo

関連記事
イベント情報
  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • 新世代ギター・ヒーロー INTERVALS の来日公演が決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Kiasmos 初来日公演が決定!