アフリカにルーツを持つロンドンの8人組ジャズ・バンド Kokoroko、デビューアルバム『Could We Be More』をリリース!

2022.03.19

Kokoroko

Photo by Vicky Grout

アフリカにルーツを持つロンドンの8人組ジャズ・バンド Kokoroko (ココロコ)、待望のデビューアルバム『Could We Be More』を Brownswood Recordings から 8/5 リリース!先行シングル「We Give Thanks」を公開しました。バンドはこの曲について以下のように述べています。

この曲は、ライブで演奏することを想像していたんだ。この曲は間違いなく、セットの終わりに向かって得られるエネルギーで書かれている。パリの La Cigalle やダムの Paradiso のようないくつかのライブは、僕らにとって魔法のようなもので、いつもそのエネルギーを返したいと思っているんだ。これはそれを実現しようとしたものなんだ。

収録曲「Age of Ascent」の試聴が開始!

サードシングルとなる「Age of Ascent」は、バンドがより内省的なムードで、4分間のタイムレスなグルーブ感とスペイシーなマジックを披露しています。

Jazz sous les pommiers 2022 に出演した「Something’s Going On」のライブ映像が公開!

https://www.youtube.com/watch?v=brPXQdEA2ps

2018年の『Kokoroko』とセンセーショナルな『Abusey Junction』の大成功に続き、『Could We Be More』は Kokoroko の力を物語る、広がりと野心に満ちたデビューアルバムとなりました。どの曲も、音楽を通じて記憶を呼び起こし、故郷の感覚を利用する力を持っている:サイケデリックでファンクを含んだ前シングル「Something’s Going On」から今日のトラック「We Give Thanks」の会衆エネルギーまで、『Could We Be More』はアフリカとロンドンの相乗効果を融合させ、Kokoroko のアイデンティティーの熱さをとても自然に下支えしている。英国で数々の賞を受賞している Kokoroko は、西アフリカのルーツとインナー・ロンドンの色彩を持つ、魂を揺さぶるホーンサウンドを得意としている。

『Could We Be More』ストリーミング

tracklist:
1. Tojo
2. Blue Robe (pt.i)
3. Ewà Inú
4. Age Of Ascent
5. Dide O
6. Soul Searching
7. We Give Thanks
8. Those Good Times
9. Reprise
10. War Dance
11. Interlude
12. Home
13. Something’s Going On
14. Outro
15. Blue Robe (pt.ii)

関連記事
イベント情報
  • Montell Fish (モンテル・フィッシュ) 初来日公演

  • VIR DAS (ヴィ―ル・ダス) 来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • GAYLE (ゲイル) 初来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • The Snuts 来日公演