Angel Olsen、ニューアルバム『Big Time』を 6/3 リリース!

Angel Olsen、ニューアルバム『Big Time』を 6/3 リリース!

米ミズーリ州出身シカゴを拠点に活動するシンガーソングライター Angel Olsen (エンジェル・オルセン)、ニューアルバム『Big Time』を Jagjaguwar から 6/3 リリース!新鮮な悲しみは、新鮮な愛と同じように、私たちの視界を研ぎ澄まし、痛みを伴う解明をもたらす方法があります。このような状態は一時的なものだとわかっていても、その脆弱性と変容は、私たちの中で最も強いものを圧倒することがあります。そして、喪と恋がお互いを高め合い、複雑にし、説明し合う、その両方が起こる稀で豊穣な瞬間がある。Angel Olsen の『Big Time』を構成する曲は、そんなむち打ちの中で鍛えられたものです。

アルバムの冒頭を飾るニューシングル「All The Good Times」のミュージックビデオを公開。この曲で彼女は、60年代のタミー・ワイネットの流れを汲む、ゆっくりと燃えるような、諦めに満ちた失恋のカントリーソングで「頑張ってるなんて言えないわ」と歌っています。

アルバム『Big Time』の予告映像を公開!

このアルバムは、Angel Olsen が自分のクィアネスと向き合い、自分を完全に受け入れることから遠ざけていたトラウマと向き合う過程で、彼女はしばらく避けていたハードルである両親へのカミングアウトの時が来たと感じたのである。「34歳にしてようやく、私は私でいられるようになったのです」と彼女は言う。悲劇的なことに、その3日後、父親が亡くなり、その直後に母親も他界した。ようやく両親の前に本当の自分の姿を現したのに、その機会が短くなってしまったという悲しみの欠片が、このアルバムには散りばめられています。

表題曲「Big Time」のMV公開!

母親の葬儀の3週間後、彼女は飛行機でロサンゼルスに向かい、トパンガ・キャニオンで1ヶ月を過ごし、この素晴らしく賢明で優しいニューアルバムをレコーディングを行いました。喪失感は Angel Olsen のエレガントな歌の主題となってきましたが、彼女ほど無謀なエネルギーでエレジーを書ける人は少ないだろう。その破裂しそうな、下り坂を走るようなエネルギーが彼女の作品にとって難解に思えるようになったとしたら、このアルバムは Angel Olsen がより根付いた明晰な場所から書いていることを証明している。彼女は、音的にも芸術的にも、弾力的で広がりのある自分の声を使いこなしている。これらの曲は、単に変容する喪の歌ではなく、訪れる困難の中に自由と喜びを見出すための歌なのです。

「All The Good Times」のMVでは、Angel Olsen とパートナーが登場し、愛と喪失、そして最も重要なのは、本当の自分を実現するのを阻むものという普遍的なテーマを視覚的に伝えています。