METZ のフロントマン Alex Edkins の衝撃的な新プロジェクト Wird Nightmare が始動!

METZ のフロントマン Alex Edkins の衝撃的な新プロジェクト Wird Nightmare が始動!

Photo by Ryan Thompson

SUB POP がカナダの爆裂ガレージロック・バンド METZ のフロントマン、ギタリスト兼シンガーである Alex Edkins (アレックス・エドキンス) の衝撃的な新プロジェクト、Wird Nightmare (ウィアード・ナイトメア) と契約!セルフタイトルのデビューアルバム『Wird Nightmare』を 5/20 リリースが決定。先行シングル「Searching for You」の試聴が開始されました。アルバムには Bully と Chad VanGaalen がゲストに参加した全10曲を収録。レーベルの共同設立者であるジョナサン・ポネマンは、Weird Nightmare の魅力を次のように語っています。

アレックスが、寛大かつ巧みに操る魅力的なフックに対する敬意を聞き、尊敬し、十分に理解することができます。そう。キラー!

歪んだポップの生々しく甘い爆発をお探しなら、Weird Nightmare をおいて他にはないでしょう。METZ のギタリスト兼ボーカリスト、Alex Edkins のデビューアルバムには、彼のメインバンドの魅力がすべて詰まっており、予想外の、しかし完全に満足のいく甘さがある。The Amps が Big Star をカバーしたような、あるいは Guided by Voices のクラシック時代の華麗でヒスっぽいミニチュア叙事詩と Copper Blue 時代の Sugar の豪快さを組み合わせたような、耳にした瞬間にゾクッとするタイプの曲作りに、大量の赤い線のディストーションが加わっているのです。

先行シングル「Searching for You」のMV公開!

この10曲は、すでに確立された Alex Edkins のソングライティングの新しい側面を示しているが、『Weird Nightmare』の大部分はCOVID-19 の流行中に録音されたとはいえ、その曲のいくつかはデモの形で2013年にまで遡るものである。「フックとメロディーは常に私の作曲の大きな部分を占めていましたが、今回は本当にそれがメインになりました」と彼は説明します。「自然に感じられることをやるということだった。

収録曲「Lusitania」のMV公開!

はっきり言って、『Weird Nightmare』は「パンデミックアルバム」ではなく、長い間温めていたアルバムで、たまたまパンデミックの間にレコーディングされたものだ。これらの曲を完成させるつもりだったが、METZ のツアーに参加できず、ロックダウンせざるを得なかったことが、背中を押してくれたんだ。

息子のために家庭学習をした後、エドキンスは METZ のリハーサル室に車で行き、夜遅くまでこれらの曲の偽りのないシンプルな構造と豊かで静的なテクスチャーをいじっていたのだ。「それは私にとって天の恵みでした」と彼は創造的なプロセスについて述べています。「時間が経つのも忘れて、音楽に没頭して録音していた。それは美しい逃避行だった。

Bully をフィーチャーした「Wrecked」のMV公開!

Weird Nightmare は、それ自体、両極端の研究である。Alex Edkins のメロディックな直感と不協和音への傾倒は、全体を通して最大に高められており、後者は METZ の燃えるような傾向だけでなく、Alex Edkins 自身の音の傾向も反映している。「私の耳には、限界を超えるまで正しい音には聞こえない。」彼はまた、崇高さと罰当たりさをミックスすることに長けている他のアーティスト、Kim Deal や Scout Niblett を、彼自身のソングライティングに影響を与えた人物として挙げている。「僕の好きな曲はシンプルなものなんだ」と彼は説明する。「名人芸や技巧に惹かれたことは一度もない。ある種の曲には、他の何物にも代えがたい、気分を高揚させる力がある。そういう曲を作りたかったんだ。

作曲とプロデュースに新たな自信を得た」と、Alex Edkins は『Weird Nightmare』での作曲アプローチについて話しながら、こう続ける。「そしてこのアルバムには、僕がどれだけ楽しんでいるかを反映させたかったんだ。」そして、その曲は時折、重いテーマに触れることがある。”Darkroom” のドライブするリフの下には、個人的な倦怠感の中で悪い習慣と戦おうとする反省があり、アンセム “Lusitania” は、彼いわく「架空のラブソング」だが、このアルバムには、聴くと絶対に楽しいものがあるのである。

カナダの天才オルタナポップ奏者 Chad VanGaalen は、エスカレートし続ける「Oh No」に独特のタッチを加え、Bully の Alicia Bognanno は、スラッシュな「Wrecked」に独特のパイプを提供し、このコラボレーションがこの曲を効果的に救っているのです。Alex Edkins は、「この曲には何かが足りないと思って、ほとんどアルバムに入れなかったんだ」と説明している。「アリシアに送ったら、彼女が盛り上げてくれたんだ」。

そして、リスクを取って、Alex Edkins の快適なゾーンから抜け出すことが、『Weird Nightmare』の制作に当たっての名目となった。「全部自分でレコーディングして、自分の音楽的直感を全て信頼したんだ」と彼は述べている。「音楽が素早く現れるとき、ある種の正直さが自動的に伴うと思うんだ。純粋に本能的な創造であれば、真実を曖昧にする機会はないのです。

tarcklist:
1.Searching for You
2.Nibs
3.Lusitania
4.Weird Nightmare and Bully – Wrecked (feat. Bully)
5.Sunday Driver
6.Darkroom
7.Dream
8.Zebra Dance
9.Weird Nightmare and Chad VanGaalen – Oh No (feat. Chad VanGaalen)
10.Holding Out