USグランジ/オルタナロック・デュオ Momma、ニューアルバム『Household Name』を 7/1 リリース!

Momma

LAからNYに移った新進気鋭のグランジ/オルタナロック・デュオ Momma、ニューアルバム『Household Name』を Polyvinyl / Lucky Number から 7/1 リリース!90’s風の先行シングル「Rockstar」のミュージックビデオを公開しました。Momma は2020年にセカンドアルバム『Two of Me』を Danger Collective Records から発表、その後頭角を現し2021年にUSでは Polyvinyl と、UKでは Lucky Number と契約しました。バンドは、3月には Wet Leg のアメリカ西海岸ツアーに、夏には Snail Mail の東海岸と中西部ツアーに参加し、その間に数回のソロライブとイギリスの Illuminati Hotties でのライブを行う予定です。

Momma の3枚目のスタジオアルバム『Household Name』は、個人と芸術の両方の成長を示す刺激的な新章を明らかにしています。ロサンゼルスからニューヨークのブルックリンに拠点を移した二人は、GarageBand からアップグレードし、マルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーの Kobayashi Ritch とドラマーの Zach CapittiFenton と共に、適切なスタジオで時間をかけて作曲とレコーディングを行っています。グラミー賞受賞エンジニアの Emily Lazar がマスタリングを担当したこのアルバムは、磁力とダイナミズムにあふれたタイトな作品集であり、バンドメンバーがまだ大学を卒業していないパンデミックの最中に Momma と契約した Polyvinyl Records (Lucky Number) からのデビュー作となりました。偶像を追い求め、個人的な物語を受け入れることで、バンドは自分たちの道を巧みに切り開きました。『Household Name』は、オルタナティヴ・ロックのシリアスな雰囲気の中で、自由な弱さを表現しており、世界に向けて発信しているアルバムである。”This is Momma” と。

ニューシングル「Speeding 72」のMV公開!

『Household Name』はミュージシャン自身の人生からインスパイアされたものだが、アルバムの多くは、ロックカルチャーを皮肉った風刺的なセンスに満ちている。「No Stage」は、大成功を収めたいと切に願う、色あせたロックスターの視点から語られ(「もし私が一晩だけ有名になったら/一生孤独でいるだろう」)、勝利のハイライト「Rockstar」は、「史上最高のロックバンド」というテネイシャスDの大げさでコミカルなこだわりに対する敬意の念が込められています。プロデューサーの Kobayashi Ritch (彼の忘れがたいギター・リフのデモがこの曲の土台となった) と共作した「Speeding 72」は、ライブで出会ってドライブに出かけた2人の子供の、急速に燃え上がるロマンスを詳細に描き、懐かしの賞賛とともに Pavement の『Gold Soundz』を引用している。

作曲からアレンジまで、あらゆる面で共同作業を行った後、Momma はブルックリンのスタジオGとロサンゼルスの Kobayashi Ritch のホームスタジオで『Household Name』をレコーディングしました。Kobayashi Ritch は、Smashing Pumpkins の代表作『Mellon Collie and the Infinite Sadness』の Flood のようにプロデューサーとミキサーの役割を担い、バンドの90年代の影響をすべて取り入れつつ、サウンドを現代的な新鮮さで前進させることを目指しています。Nirvana や Liz Phair のようなアーティストは、特にソングライティングにおいてこのアルバムに大きな影響を与えたが、Frou Frou、Linkin Park、Pinback、Garbage などのアーティストからも同じようにインスピレーションを受けたことを説明しています。

あの時代のポピュラー・ミュージックは、私にとって本当に刺激的でした。なぜなら、これらのアーティストはプロダクションを隠すのではなく、賞賛し、音楽をエネルギッシュで大胆なものにしていたからです。そして、このアルバムを意図的で完全なものにしたかったんだ。また、このアルバムが単なるスローバック・レコードではないことも確かめたかった。僕らが受けた影響は確かに顕著だけど、異なるサウンドやヴァイブス、曲作りが、Momma にしか作れない新しくてエキサイティングなものとして読ませるんだ。

『Household Name』は、ヘビーなリフ、深い感情、心地よいサウンド・プロダクション、そして軽快で辛辣なユーモアのセンスのバランスを完璧に保ち、今日のオルタナロック界において Momma の特異なレーンを作り上げている。このアルバムは、リスナーだけでなく、メンバー自身にとってもスリリングなバンドの新時代を紹介するものです。メンバーのフリードマンは、「自分が経験したことから純粋な感情で曲の歌詞を書き始め、数日経ってから歌詞を聴き返して初めて、その状況について自分がどう感じているかに気づくことが何度もある。」と指摘します。

だから、アーティストが自分の音楽の中で個人的なことを表現するとき、リスナーとアーティストが同時に同じ体験をしているような気がして、作家全体への理解が深まる。それが、これらの曲がリスナーに与えたいもの、つまり、Momma のあらゆる面を真に紹介するものなのです。

tracklist:
1.Rip Off
2.Speeding 72
3.Medicine
4.Rockstar
5.Motorbike
6.Tall Home
7.Lucky
8.Brave
9.Callin Me
10.Spider
11.No Stage
12.No Bite