元Ought のメンバーで結成されたポストパンク・バンド Cola、デビューアルバム『Deep in View』をリリース!

2022.02.23

Cola

元Ought のメンバーで結成された、カナダ・モントリオールのポストパンク・バンド Cola がデビューアルバム『Deep in View』を Fire Talk から 5/20 リリース!ニューシングル「So Excited」のミュージックビデオを公開しました。Cola のメンバーは Tim Darcy (ボーカル、ギター)、Ben Stidworthy (ベース)、Evan Cartwright (ドラム)の3人組です。哲学者アラン・ワッツの同名の作品集にちなんで名付けられたこのアルバムは、エレガントなギターのグルーヴと結びついたリズムを基盤に、現代の生活やテクノロジーについてのコメントを、好奇心に満ちた叙情的な小品を通して表現しています。

先行シングル「So Excited」のMV公開!

『Deep In View』は、内省的なソングライティングの産物であると同時に、ますますメディア化されていく社会の抽象的なランドマークを考察したものでもあります。また、ダーシーとスティッドワーシーがこれまでに書いた曲の中で最も簡潔でメロディックな曲となっています。「私は、様々な角度からアプローチできるレコードを見つけるのが好きなんです」とダーシーは説明します。バンドの多義性への親近感は、まず何よりも Cola という名前に表れています。

収録曲「Water Table」の試聴が開始!

Cola とは、エンディング曲の「Landers」でダーシーが「人より古い法律によって、地球上のごく普通の生活を毒するように縛られている」と言っている発泡性飲料のことですが、詩学の用語や、社会保障の頭文字をとって「Cost of Living Adjustment (生活費調整)」とも呼ばれています。Cola はまた、合理化された(そしてストリーミングされた)世界の果てしない鮮明さを飲むこと、そしてその後に訪れるしばしば不安な満足感と空虚感を意味しています。根本的には、このアルバムは、情熱と、情熱のない消費の風景に遭遇する機会が増えたときに人に起こることについてです。この層の剥離は、Cola の考え方と彼らの世界観の両方に不可欠であり、閉所恐怖症のような時期にもかかわらず、彼らはミュージシャンとして新しい領域を喜んで探求しています。

収録曲「Fulton Park」のMV公開!

Cola がコラボレーションを始めたのは2019年秋、元Ought のダーシーとスティッドワーシーが、他の様々なプロジェクトでドラムを叩いていた時に路上で頻繁に会っていた友人のカートライトに連絡を取ったことがきっかけだった。「すぐにポスト Ought のバンドになったわけではありません。」ダーシーは以下のように述べています。

私たちは本当に時間をかけて、一緒にコラボレーションしたり、曲を書いたりするプロセスを楽しんでいました。バンドの有機的な化学反応は、実際に会って数回ジャムを行った後、すぐに固まりました。

しかし、パンデミックが始まると、彼らは避難して別々に曲を作ることになりました。孤独の中での作業は、結果的にアルバムの「特徴的な色であると同時に障害にもなった」とダーシーは言います。ダーシーは、「Fulton Park」の歌詞を、当時経験していたフラストレーションや憂鬱感の代替物のような「夢の風景」として書いたと述べています。自宅で作曲するという孤立した環境の中で、スティッドワーシー (アルバムのギターパートの作曲に携わり、「Landers」ではピアノを弾いています) は以下のように話します。

曲で小さな世界を作る」ようになりました。3人のメンバーの鋭い筆致は、物憂げで手触り感があり、経済的で個人的な感覚で考古学的ともいえる深遠な意味を含んでいます。このようなリラックスした探究心は、3人の信頼関係があったからこそ生まれたものです。私はデモのためにムードを徹底的に作り込んで彼らに送り、それが改善されることを知っていました。

『Deep in View』ストリーミング

一方、カートライト (彼はギターも担当し、スタジオで Supercollider のシンセサウンドをコーディングしています) は、10代でドラムを始めたときのアイデアやパターンを、筋肉の記憶の奥底に昇華させていることに気づきました。その結果、表層的なものを排除したレコードが完成しました。ダーシーの特徴的な辛辣な声は依然として中心に据えられており、断固としたものから苦悩と離反に満ちたものへと変化していますが、彼の叙情的な呼びかけは、より複雑な音と憧れの世界への最初の鍵に過ぎません。

パンチの効いた高揚感のあるギターパートのリズム、緊迫感のあるベースライン、意外性のあるドラムパターンが、エレガントなダンスのようにお互いに絡み合いながら、それぞれの要素が合理的でありながら詩的な広がりのある意味を持っています。聴くたびに新しい解釈が生まれ、まるで角度によって形を変えるオブジェのような、芸術的でエネルギッシュなポストパンク・アルバム『Deep in View』は、その総和をはるかに超えています。

関連記事
イベント情報
  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!

  • Omar Apollo (オマー・アポロ) 単独公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!