Kristine Leschper、ソロ作『The Opening, Or Closing Of A Door』をリリース!

Kristine Leschper

フィラデルフィアのインディー・フォークロック・バンド Mothers の Kristine Leschper (クリスティン・レシュパー) が、デビュアルバム『The Opening, Or Closing Of A Door』を ANTI- Records から 3/4 リリース!ニューシングル「Picture Window」を公開しました。Kristine Leschper は、サウンド、テキスト、イメージ、パフォーマンスなど、学際的に活動するアーティストである。彼女の作品は、人間の状態のスペクタクルを中心に位置づけられ、意味づけ、女性らしさ、社会生態系、権力の行使に関する問題に深い関心を寄せています。音楽制作に関する彼女の個人的な哲学は、音の風景を形状、寸法、重量のある物体としてアプローチすることです。これまでにアメリカ、イギリス、ヨーロッパで250回以上のライブパフォーマンスを開催。

ニューシングル「Picture Window」

収録曲「Blue」のMV公開!

カオスから宇宙が生まれ、そしてカオスから人も生まれることができる。Kristine Leschper は、個人的な、そして世界的な出来事が重なり、「コントロールを大きく放棄する方法を理解し、そこから新たなつながり、移行、無常の感覚を得た」とき、「生まれた」感覚を誇張的に表現しているわけではありません。June Jordan (ジューン・ジョーダン) の言葉を借りれば、そこには「人間の生命への畏敬から始まる物質世界への畏敬、知識と統一の手段としての官能への知的信頼」が存在するのである。

先行シングル「Figure and I」のMV

ANTI / Epitaph から3月4日にリリースされる彼女の『The Opening, Or Closing Of A Door』は、感覚的な世界への賛歌である。この作品は、Kristine Leschper が本名でリリースする最初の作品であり、Mothers という名義で8年間演奏と音楽リリースを行った後、引退した作品です。この2つのプロジェクトは、Kristine Leschper のソングライティングに対する独特なアプローチに導かれていますが、サウンドは全く異なります。Mothers がポストパンクやコンテンポラリーフォークの荒々しく骨格のあるサウンドからインスピレーションを得ているのに対し、Kristine Leschper の新作はシンセサイザー、弦楽器、木管楽器、そして12以上の打楽器が統合され、実質的にバロック的なものとなっています。

『The Opening, Or Closing Of A Door』ストリーミング

tracklist:
1. This Animation
2. Picture Window
3. Figure and I
4. Blue
5. A Drop In That Bucket
6. Writhe and Wrestle
7. Carina
8. Stairwell Song
9. All That You Never Wanted
10. Ribbon
11. Compass
12. The Opening Or Closing Of A Door