LAのデュオ Girlpool、4枚目のスタジオアルバム『Forgiveness』をリリース!

Photo by Amalia Irons

LAのインディーロック・デュオ Girlpool (ガールプール) が、3年ぶり4作目のニューアルバム『Forgiveness』を 4/29 リリース!先行シングル「Faultline」のミュージックビデオを公開しました。Avery Tucker と Harmony Tividad は、高校生の頃から Girlpool として活動し、高い評価を得てきました。彼らが生まれ育ったDIYサークルの枠を超えてファンを獲得していた頃、二人は東海岸での生活を試していました。思春期の終わりのほろ苦い美しさを、メロディックなパンクやインディーポップに変換し続けていました。次の2枚のアルバム『Powerplant』と『What Chaos Is Imaginary』は、ソングライターとしてだけでなく、一緒に、あるいは別々に世界を渡り歩く人間としての彼らの成長を記録した音のタイムカプセルです。

メンバーの Harmony Tividad が出演し、Julian Klincewicz が監督を手掛けたビジュアル映像を公開しました。Harmony Tividad は、この曲について以下のように述べています。

「Faultline」は、あなたが逃避するために行うすべてのことを表していて、あなたを逃避しているものの中にさらに押し込んでいるのです。

数年前、Girlpool は故郷のロサンゼルスにフルタイムで戻ってきました。現在、20代半ばになった Avery と Harmony は、大人になってから青春時代に過ごした広大な太陽に照らされた大都会に再び足を踏み入れることの意味を理解しようとしています。当然のことながら、彼らはこの街を形作ってきた経験と同じくらい複雑で神秘的な感じのする曲を作り始めました。Girlpool の新作フルアルバム『Forgiveness』は、詩的な好奇心を犠牲にすることなく、ウィアード・ポップのデカダンスを取り入れています。

収録曲「Lie Love Lullaby」のMVを公開!

それぞれが別々に書いた『Forgiveness』の曲を、今の自分たちを代表するようなスタイルでどう表現するか、一緒に考えました。表現方法を決めました。今回のプロセスでは、これまでで最も洗練された、野心的な音楽が生まれました。感情的に入り組んだ素材を支え、また複雑にしている特異で挑発的なジェスチャーが満載です。内省的なイヤーワームと超現実的なパーティー・ミュージックを独自にブレンドしています。『Forgiveness』は、「インディー・ロック」という曖昧な枠を超えて、どのような既成概念にも挑戦しています。

収録曲「Dragging My Life Into a Dream」のMV公開!

この成長は、新譜のうっとりするようなエレガントなファースト・シングルである「Faultline」に見事に現れています。毎週が過ぎ去っていくこの模造の楽園で、Harmony は天使のような声で、ラウンジのような垂直なグルーヴの上で歌っています。その声は天使のような響きで、ラウンジのような縦長のグルーヴに乗っています。「Faultline」は、『Forgiveness』の世界への効果的な導入となっています。

それは、このアルバムのいくつかの曲の背景にある、地震で不安定な風景を暗示しているからだけではありません。断層線をまたぐという概念は、『Forgiveness』全体を示しているように感じられます。これらの曲は痛みと喜び、セックスと愛、現実と愛など、人間の本質的な概念の間で常に変化する境界線を調べています。

このアルバムに収録されている私の曲の多くは、私がフラストレーションや痛みを経験した人間関係のダイナミクスについてのものです。『Forgiveness』を書くことで、それらのピースをすべて受け入れられるようになりました。つまり、私の運命は、私が行くべきところへ正確に押し出してくれるのです。

Harmony も同じように感じています。「人生の多くは、私にとって避けられない経験のように感じられます」と彼女は付け加えます。

私にとって『許し』とは、その概念を受け入れること。私にとって『許し』とは、その概念を受け入れること。許すことです。

収録曲「Nothing Gives Me Pleasure」のMV公開!

ハリウッドの未来主義とポストグランジの誠実さが交差するサウンドという彼らのビジョンをサポートするために、Girlpool は、プロデューサーの Yves Rothman (Yves Tumor, Miya Folick) の協力を得ました。彼らは他の協力者の候補とも話をしていましたが、フリーキーでポストグランジな音楽を作りたいというロスマンの純粋な熱意に押されて、Girlpool このプロジェクトに参加しました。フリーキーでファックアップでありながら、心に響く地に足のついた音楽を作りたいという Rothman 純粋な熱意が、契約を後押ししました。ロスマンの『Forgiveness』へのロスマンの参加は、ハーモニーとエイブリーが、初めて誰かを彼らの親密なテレパシーのような世界に招き入れたことを意味します。楽曲制作における親密でテレパシーに近いアプローチは、音楽が進化しても変わらない純粋なパートナーシップです。

『Forgiveness』の最後に収録されているアコースティック・バラードの「See Me Now」では、微妙な雰囲気を出すことで意見が一致しました。2018年に移行した Avery は、シスの男性と自分を比較したいという有害な強迫観念についてこの曲を書きました。「若い頃の私は/女の子にしては、タフでした。今は、あなたが私をどう見ているのかを考えています」と、温かく繊細なストリングスに乗せて歌います。彼はこれまでにも同じような不安を印象的に歌っていましたが、この曲では初めて曖昧さを排除して不安を表現しています。「私にとっては癒しでした」と彼は説明し、言葉にならないエネルギーの解放を表現しており、それはとてもリアルで生々しい、まさに Girlpool らしいものです。

『Forgiveness』ストリーミング

それぞれの心を持った2人のアーティストによって書かれた曲のコレクションである「Forgiveness」で探求された美学とテーマの分岐点は、アルバムがバラバラで焦点の定まらないアルバムになってしまう可能性がありました。しかし、Avery と Harmony の手にかかると、この断層は緊張感よりも美しさを生み出します。まるで Girlpool の世界では、地殻プレートの動きは災害を意味するのではなく、何か別のもの、絶妙で新しいものの始まりを示しているようです。今回の例では、世界の果てでの人生と愛について、この世代で最も熟達した2人の記録者の大きな前進を示しています。